国際離婚と子供

15,000人の離婚問題解決法

日本では結婚している夫婦は子供の親権を共同で持っています。

しかし離婚すると、どちらか一方が親権を持つことになります。

これを単独親権と言います。

 

一方、欧米などでは離婚した後も

両親は子供の共同親権を持つことが認められています。

 

離婚後の子供の親権の決定は、

子供と親の一方の国籍が同じであればそこの法律を、

また国籍が違えば、子供が住んでいる国の法律が適用されます。

 

 

ハーグ条約

ハーグ条約とは、子供が定住していた国から

合意なく連れ去られた場合に子供を教育する監護権を判断するため、

いったん元の環境に戻すことを目的として発効した多国間条約です。

 

対象となるのは16歳未満の子供で、

一方の親が子を居住国から勝手に連れ去った場合、

連れ去られた側の親が申し立てると、

連れ去った親のいる国の責任で子を捜し出し、

裁判手続きなどを経て居住国へ戻すことになります。

 

現在、世界では80カ国以上がハーグ条約に加盟していますが、

日本は加盟していません。

このために日本から子供を連れ去られた親は、

ハーグ条約による子供の返還を請求することができません。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL