国際離婚

15,000人の離婚問題解決法

外国人配偶者との離婚の場合、

日本では、夫婦の一方が日本に居住地を持つ日本人ならば、

相手が外国に居住していても日本の法律に従って

離婚の手続きを進めることになります。

 

しかし、国際離婚が双方の国で正式に承認されるための手続きは、

夫婦の居住地、子供の有無と親権の所在、財産を持っている国、

外国人配偶者の本国の法律などで様々に変わります。

日本では協議離婚が最も一般的ですが、それを認めない国もあり、

相手の国の法律を調べる必要がでてきます。

 

 

日本で離婚する

日本人と外国人との離婚手続きは、

外国人配偶者がまだ日本にいる場合だけでなく、

国外に去った場合でも日本の法律によって成立します。

この場合、離婚原因、離婚方法、離婚を成立させる機関、

夫婦の姓、子供の親権者、監護者の決定、財産分与、慰謝料、養育費について、

日本の法律に準じることになります。

 

 

外国で離婚する

日本人が外国で離婚する場合は、

その国の法律に基づいて離婚を進めることになります。

 

海外で多い裁判離婚の場合、離婚が有効に成立したら、

3ヶ月以内に離婚判決の謄本、判決確定証明書、

日本人が被告の場合は被告が呼び出しを受け、

または応訴したことを証明する書面と翻訳者の名前を書いた、

それぞれの日本語訳文を添えて在外日本公館長に離婚届を提出します。

日本側は、その届けに対して、「外国判決の承認」を行い、

離婚届を受理することになります。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL