離婚後に定住者の資格を得る時は、親権を保持していると良い。

15,000人の離婚問題解決法

日本人と婚姻している場合は、

日本人配偶者としての在留資格を得て

日本に居住していますが、

離婚や配偶者との死別等で、婚姻が解消した場合は、

この配偶者としての在留資格が失効してしまいます。

 

引き続き日本にて居住したい場合は、

在留資格変更申請を行い定住者としての

在留資格を得なければなりません。

 

入国管理局の審査が行なわれますが、

その際には、離婚に至った理由や、

婚姻期間や滞在期間が長期に及ぶ等の事柄や、

日本人との間に見受けられた子供の監護権や

親権等を保持している事実関係があれば、

在留資格を得る事が多くの場合に許可されやすい傾向です。

 

その際に子供が日本人の実子であれば、

子供の国籍は問われる事はありませんし、

嫡出子か非嫡出子かも問われませんが、

非嫡出子のな場合には、日本人父の認知が必要になります。

 

気を付けなければならない事は、死別の場合には

親権は、在命者になりますが、離婚の場合には、

どちらか一方が親権者になりますので

定住者としての資格を得る為には、

事前に協議のうえで親権や監護権者となっている既成事実が

定住者資格を得る有効な条件として認められやすい傾向です。

 

なお公正証書不実記載などの防止の為に様々な視点で審査を行いますが、

協議離婚等での許可変更手続きの際には一つのガイドラインとしまして、

婚姻期間が最低でも3年間継続されていた確認が出来るか否か問われる様子です。

 

いずれに致しましても、手続きが遅延しますと

審査官の心因に良い影響を与えないので、速やかに手続きされることが大事です。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL