調停離婚の際の家庭裁判所での手続き方法

15,000人の離婚問題解決法

離婚をする際にどのように離婚をするのか選択をします。

一般的には、協議離婚と言われる

夫婦同士の話い合いで決める方法なのですが、

離婚理由には様々事があり協議離婚だけでは、難しい点もあります。

 

そのような時は、調停離婚を選択します。

これは、第三者が入って夫婦間で話し合いをして

離婚する方法であります。

金銭関係や子供の親権や暴力など

少々ややこしいことでの離婚には、

この方法を取られる方が多くいます。

 

その調停離婚を行なうには、

家庭裁判所での手続きが必要になります。

その方法を簡単に説明いたしますと、

家庭裁判所へ行く前に用意しておかなければいけないものがあります。

それは、夫婦の戸籍抄本であります。

すぐに用意出来る場合は問題ありませんが、

その相手の戸籍抄本が取れない場合があります。

その場合は、弁護士に頼む方法などもありますが、

自分で手に入れる方法もあります。

インターネットなどで紹介されております。

 

その夫婦の戸籍抄本と夫婦の住民書をもって家庭裁判所へ行きます。

そこでなぜ調停離婚を行なうのかの書類を作成します。

数枚に渡り詳しく書いていきます。

それが完成すれば提出となり調停離婚を行なう際の印紙代と切手代を支払います。

それで手続きは完了であります。

 

その後2週間位に夫婦それぞれに郵便が届き

調停離婚の日時を知らされて家庭裁判所へ行かなくてはいけません。

もし、無視をした場合などをすれば、法的に相手側の不利となってしまい

法的に離婚処理されてしまします。

これが調停離婚の方法です。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL