離婚が頭をよぎる方へ

15,000人の離婚問題解決法

離婚は家族にとって一大事です。

夫婦同時に離婚という事を考えているなら、

協議離婚でもめることもないかと思いますが、世の中そんな方は少ないと思います。

 

どちらかが、離婚という気持ちが大きく調停・訴訟となる場合もあると思います。

調停では嫌なことを聞かれることもあると思います。

でも、お互い話し合いが長く続いて傷つけあって結論が出ないのなら調停はお勧めします。

 

調停では、調停員が2人います。

この方々はどちらの味方でもなく、中等な立場で話を聞いてくださいますが、

何かを決める権限はありません。

あくまでアドバイスと話の仲裁です。

調停員も人ですから、期間の長くなる話は嫌な顔をしたり、ため息をつく方もいます。

 

そして、法律をどこまで知っているのか、

ご主人名義の家のローンも奥さんに払った方がいいのではないかという意見を言ってくる方もいます。

これは法律上、たとえ住んでいなくても奥様が保証人でない限り、奥様にはローンを払う義務はなく、

銀行も支払いが滞っても決して名義人ではない奥様に内容を伝えることはしません。

仮に、奥様が弁護士を立てていても、弁護士ですら奥様にローンを払うよう促すこともあります。

 

離婚には、当然財産も含まれますが、婚姻期間により条件も変わります。

ですので、女性がお子様を抱えて離婚を、とお考えでしたらまず、

当然いただける財産は半分いただいた方がいいと思います。

そして親権が奥様になり、母子家庭になったとしても市役所に行けば色々教えてくれます。

お子様については児童扶養手当が付きますから、

お子さんに対して不自由をかけるという内容にはなっていません。

 

今すぐ、離婚という事を考えていないのなら、お金を貯める事もいいと思います。

急に仕事が見つかるとも限りませんし、住居の確保が必要になります。

世の中では何か悪い事件が起こると、母子家庭だから、貧困だからと

必ずと言っていいほど出てきますが、母子家庭でも子供はいい子に育ちます。

 

子供に対して言い訳するのは、母親の逃げです。

離婚をしようと思うのであれば、今の生活は当然なくなり、生活レベルも低くなるでしょう。

でも、嫌な事ばかりではありません。

 

弁護士を間に入れれば話もスムーズに進みます。

弁護士費用にお困りなら「法テラス」というところで相談してみるのもいいと思います。

離婚を考えているなら、離婚経験者に話を聞くとたくさん参考になることがあると思います。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL