離婚裁判の期間

15,000人の離婚問題解決法

近年、日本国内においては

離婚件数が年々増加していることが

社会問題のひとつとなっています。

 

離婚の原因としては夫婦の事情によってさまざまではあるものの、

性格の不一致などの他にもドメスティックバイオレンスや

アルコール依存症を理由とした離婚が目立っています。

 

離婚をする場合には一般的に協議離婚と呼ばれる形が取られています。

協議離婚とは夫婦間の直接の話し合いによって

離婚届にサインをするというものです。

 

日本国内ではこれまでにほとんどが協議離婚とされていたものの、

最近では離婚協議が上手くゆかないケースが増えています。

特に浮気などの配偶者の不貞行為が原因となっている場合には

双方の言い分がこじれることがあるために、

離婚までの期間が長引くことが知られています。

 

そうした場合には離婚調停を申し立てることが良いとされています。

離婚調停には法的な拘束力はないものの、

調停員に離婚を促されることがあるために、結果として話がまとまりやすくなります。

 

たいていの離婚の場合にはこの離婚調停で決着がつくとされています。

しかし、離婚を希望する理由が複雑であったり、

双方の言い分が決裂している場合には離婚調停では不十分であるために、

離婚裁判が行われることがまれにあります。

 

離婚裁判を行うためには長い期間が必要となったり、

弁護士などに依頼をする手間があるために、離婚が泥沼化することが知られています。

今後もこうした離婚裁判の件数が増加するとみられています。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL