モラルハラスメント旦那との離婚

15,000人の離婚問題解決法

結婚してまもなく子供が生まれた私たち夫婦には、

正直夫婦になるために2人でゆっくり話をする時間がほとんどありませんでした。

 

そのためか、子供が生まれ私の仕事に家事だけでなく育児が加わった途端、

自分に構ってくれなくなった私に腹を立て、

旦那からのモラルハラスメントが始まりました。

 

自分の思い通りに育児や家事ができていないと途端に

家にずっといるのに何をやっているんだといい、

行事などで他の父兄のいる前で平気で私のことを罵倒します。

 

自分には大好きなおふくろの味があるのですがその味が上手く再現できないと、

それでも女かと怒鳴られ、どんどん心は閉ざされていきました。

 

こうしたことが続き私はうつ病に。

離婚も何度も考えましたがうつ病を患っている私が4人の子供を1人で育てられる自信もなく、

そうなると離婚が成立してしまえば子供たちと離れ離れになってしまうので、

離婚しようと密かに計画は立てていますがまだ実行には至っていません。

 

しかし、今はDVやモラルハラスメントの相談に応じてくれる公的な相談機関もあります。

電話で相談するだけであれば自分がこの先どうしたらいいのか

ある程度結論を考えてからでないと上手く話が進みませんが

対面の相談であれば状況などをしっかり聞いた上で

どう言った方向性があるかも一緒に考えてくれます。

 

また、公的な相談期間に相談すると

いざモラルハラスメントが激しくなり逃げたいと思った時でも、

状況を既に把握してもらっているのでスムーズに対応して貰えます。

 

私の場合、まず離婚するためには私のうつ病をある程度回復させ、

社会で外ができるようにすることが1番肝心なようです。

その上で仕事をして子供4人を育てられる環境が出来れば

親権を得て子供を連れて離婚することも出来るということでした。

 

自分の夫婦関係のことを外部の人に話すのは勇気がいることだと思います。

しかし、自分から周囲の人に救いを求めていかないと

誰も自分が苦しんでいることには気がついてはくれないものです。

まして当事者である旦那自身ですら自分が人を傷つけているとは思っていないのですから。

 

周囲の人たちに自分たちの現状を知ってもらい、

相談することで解決の糸口を相談することで、離婚に向けて1歩近づいた感じがしています。

 

私は離婚を考えていますが、なかなか旦那が応じないことや

子供が4人いることからなかなか前に踏み出せずにいます。

しかし、離婚に向かってのしがらみになっているものを1つ1つ解決させていくことで

いつか離婚し、自由になりたいと考えています。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL