生命保険

15,000人の離婚問題解決法

・・・・もう一度確認を
契約内容の見直しも

生命保険は、大概のひとが加入している保険です。
もちろん義務ではないので、入っていない人もいるはずですが、
結婚するしないにかかわらず、医療保障などが付いた保険は、
やはり心強いものです。

最近では、若い世代から使える医療(入院)保障機能の付いたものや、
介護保険機能の付いた商品を契約している人が多くなっています。
今、熟年離婚を念頭に置いて考える時、まずは現在契約している保健を把握し、
内容を理解することからはじめる必要があるでしょう。
契約者は誰なのか、被保険者(保健の対象となる人)は誰なのか、
保険金の受取人は誰なのか、具体的にどのような商品なのかを確認するということです。

保険会社と相談する

有職、あるいは収入が多い場合は、今までの契約がどのように続行できるのかを調べておきます。
夫婦単位の契約であった場合には、間違いなく離婚後の継続は無理なので、
どのような保険に切り替えられるかが重要な問題になります。
夫婦単位の保険の場合は、そのために一人あたりの保険料が割安になっているので、
単純に個人の契約に変えただけでは、保険料の負担が重くなった印象を受けるでしょう。
年齢に応じて入れる保険を選んでいくと、婚姻中の保険を解約して方がいい場合もあるので、
契約している保険会社や代理店とじっくりと相談した方がいいと思います。
無職、あるいは夫(妻)より自分の収入が少ない場合
(多くの場合は扶養家族になっている人)は、
離婚によって、それまでの保険料を支払うのが困難になることが考えられますので、
経済状態に合わせた保険を検討し直すべきです。

しかし、自分にかけられた保険で契約者が配偶者であった場合、
会社に出入りをしている保険会社が団体扱いをしていて、
そうとうに割安な保険料で契約をしている場合もあります。
そのことがわかったら、むやみに解約して契約し直すことを考える前に、
現在の契約状態にそって、契約者を切り替えることができるかどうかを調べたほうがいいでしょう。
もし契約者だけを変更できるのであれば、団体保険扱いで安い保険料の状態を確保することができます。

保険会社の乗り換えも視野に

契約中の生命保険の見直しをした結果、
新規に加入するのであれば、バラエティに富んだ契約内容を、
まずじっくり検討した方が良いと言えるでしょう。
契約内容を迷っている間に病気になってしまったのではどうにもならないのですが、
冷静に吟味する時間を持てば、無駄な保険料や不要な付加機能を取り入れてしまう危険性は減少します。
その相談先としては、複数の保険会社の商品を扱っている代理店をオススメします。
類似商品の細やかな相違点まで比較することが可能です。

契約開始年齢が五十歳以上限定という保険も、このところ次々と発売されています。
ただし、テレビコマーシャルを見て飛びつくように資料請求をすると、
そのままズルズルと他の選択肢に触れないまま契約してしまう結果に陥りやすいので、
代理店を上手に活用しましょう。
また、友人や家族などの経験や意見を参考にすることも有効です。
インターネットを使える人はサイトから具体的な情報を得ることもできるでしょうし、
街の代理店でパンフレットをもらって検討するのもいいでしょう。

五十歳以上限定などの商品は、契約開始時の年齢制限が緩やかな点が魅力です。
また、その時点からでも疾病、入院、介護など付加できる機能が充実しているので、
病気になった時のため
そして自分の死後に残される人のためにも有利です。
「自分の身は自分で守る」という考え方が重要です。
生涯補償されるタイプでも、保険料が低く抑えられているものを選べば、
多くの人が加入できるのではないでしょうか。

定年退職後に結婚するのであれば、退職した時点で夫婦単位で保険の見直し作業をしましょう。
そのポイントとして以下のようなものが考えられます。

保険を見直すポイント例
・子どもが成長し、公的年金の受給も近くなっているので大きな死亡保障は不要
・病気、ケガによる入院や要介護状態への備えを含める。
・変額個人年金や外貨建個人年金も検討する。

以上の点を検討し、決めた保険が離婚後、
どういう扱いになっているかを調べます。
夫婦で離婚話を勧めている場合は、はっきりと問い合わせられますが、
もしそうでなければ、まず保険会社に秘密であることを伝えてから、
問い合わせることも可能です。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL