運用

15,000人の離婚問題解決法

・・・・資産を有効に使う
投資にチャレンジ

お金を運用するというのはどういうことでしょう。
うまく活用して増資を目指す時、そのお金は「資産」という
名前に変わります。そのように、手持ちのお金を増やしていくことを「運用」といいます。

では運用の代表格、投資とはどういうものなのでしょう。
投資とは資金を増やすために、何らかの対象に資産を投じることを言います
(資産の価値の目減りを防ぐ目的で投資が行われることもあります)

貯蓄というと普通の言葉に聞こえますが、投資はなぜか、特別な感じがするのも事実です。
まして「個人投資家」などと呼ばれると、最近世の中を賑わせている「あの人」にでも
なったような気さえしてきます。

オンライントレードや一株株主などが若年層まで広がっている現在では、
そんなにリスクがあるとは感じられなくなり、ともするとゲーム感覚を持っている人もいます。
しかし、投資には、利益(に対する期待)と引き換えに不確実性やリスクを引き受けるといった
意味合いがあるのです。従って、慣れていない人が安易に投資するのは危険が伴うことを、
承知しておいていただきたいと思います。

投資の中でも、よく知られているのは株式投資です。
株式とは、株式会社の株主としての持分=株主の権利
(議決権、利益配当請求権、残余財産分配請求権など)
のことを言います。
この権利に流通性を持たせるために、紙面に内容を表示した有価証券が株券です。
株券には会社名、会社の設立年月日、株主名などが記載されています。
株式に投資すると、株式会社が発行した株式の株主となり、
株主権を取得します。その権利は投資価値と厳密に結びつきます。

株主の権利とは以下のようなものです。
●株主の主な権利
・会社の経営に参加する(経営参加権)
・利益の配当を受ける(利益配当請求権)
・会社が解散したとき残った財産の分配を受ける(残余財産分配請求権)

平たく言えば、第三者の会社の経営に参加し、
利益を分けてもらい、株主である限りその株式会社のすべてに株式分だけの
権利を持ち続けるということです。

株式投資は
銘柄選定の難しさや、株価のアップダウンの厳しさもあるため、
慎重さと知識が求められます。
熟年離婚で負った精神低負担を増幅させる結果にならないように心がけたいところです。

一方、「株式投資は、ちょっと・・・」という人でも、
負うし信託ならばという考えの人もいるのではないでしょうか。

投資信託とは投資家の小口のお金を集めて大きなお金にし、
それらを運用の専門家が株式や債券に投資していき、
そこから得られた損益を投資家に還元していく仕組みです。
投資信託は「ファンド」と呼ばれ、またファンド運用の専門家のことを
「ファンドマネジャー」と呼んでいます。

投資信託のメリット
・少ない資金(1万円程度)から株式や債券に投資できる。
・専門家による運用で、分散投資の効果が利用できる
・毎日時価が提示され、また定期的な運用状況などの情報開示もあり透明性が高い。
・たいていのファンドはいつでも買付、解約ができ、換金性、流動性が高い
・多くの種類や運用会社のファンドの中から選べる(選択肢が広い)

投資信託のデメリット
・元本は保証されない。
・価格変動があるので売買の判断は自己責任
・投資信託の仕組みを利用するために手数料がかかる

上のように投資信託にはメリット、デメリットがありますが、
株式投資などに比べれば手軽と言えるでしょう。
ファンドによって数百銘柄も組み入れているものもあります。
また先物やオプション、外国の株式や債権など個人ではなかなか投資しにくい
商品に投資するファンドもありますので、
経済に対する興味が広がるかもしれません。
また、複数の銘柄に投資するため、値動きが相殺し合って、
全体としての価格変動は少なくなります(分散投資効果)

毎月一定額を自動的に積み立てたり、オンライン取引で24時間売買注文もできます。
また、情報開示からの運用状況の透明性が一段と高まっているので、安心感もあります。
ただし、あくまでも、損をする可能性もあることを忘れずに。

現状何千本というファンドの中には、株式に投資するもの、
債権に投資するもの、株式や債券の両方に投資するものなど多くの
種類があるのも面白みのうちです。
そして、投資先によってリスクの低いファンドから、一日何%も価格変動する
リスクの高いファンドまでさまざまです。
以上比較的一般的でわかりやすい株式投資と投資信託について
簡単に説明しましたが、投資として多く行われているものには、
これらの他に、貴金属、外国為替、先物取引などがあります。
これも簡単に説明しておきましょう。

●貴金属
有名なのは金投資ですが、その他にも銀、プラチナ、パラジウムなどの
地金取引に投資するものもあります。
特に金投資は安全性が高い投資で、
和や債権などとは違った値動きをするため、
分散投資に向いていると言われています。

●外国為替
外国有価の相場変動を利用して売買を行い、
利益を得ようとするものです。
単なる外貨の売買のみならず、高金利の外貨預金への運用も合わせると、
リスクはあるものの大きな利益も期待できます。

●先物取引
先物取引とは将来の売買について、
あらかじめ現時点で約束をする取引のことです。
現時点では売買の価格や数量などを約束だけしておいて、
将来の約束の日が来た時点で、売買を行います。
先物の商品は、金属、石油、ゴムなどの工業品、とうもろこし、大豆、砂糖などの
農産物など、色々な分野があるので、それまでの経験を活かして取引を選ぶこともできます。

知識や判断力などに加えて、性格なども考慮した上で、
慎重に運用をしていただきたいと思います。
さらに情報収集して、自分に適切なものを探してください。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL