金銭問題は何とかなるもの

15,000人の離婚問題解決法

20歳のころに出会った元主人は私よりも一回り年上で、

自営業で羽振りが良く、とても魅力的な大人の男性でした。

 

それまで交際したことのあるのは同い年の学生ばかりで、

デートをする場所もプレゼントもアルバイトで稼げる程度の範疇で、

そんな環境が普通だった頃に出会ったため、

毎日が刺激的で一気に惹かれてしまいました。

 

そんな私の様子に不安を抱いた両親に反対されながらも、

二年が経ち、大学卒業を目前にした四回生の時に入籍しそのまま専業主婦となりました。

 

結婚をしても毎日が楽しく、元主人は私や子供にも贅沢三昧をさせてくれていたのですが、

もともとどんぶり勘定で浪費家だったこともあって、

そのころ手掛けていた事業が傾き始めたのを機に、

どんどん借金を重ねるようになってしまいました。

 

一回り年上という事もあって、家計や仕事のことについては一切口を出せない状態で、

食費に関してのみその都度貰うという生活で、

もともと独身の頃に私が持っていたクレジットカードはすべて元主人に渡していて、

そのカードを使ってカードローンやキャッシングを繰り返していたようです。

 

結婚後主人名義でもいくつかクレジットカードを作ったのですが、

家族カードとして私名義のカードも作るようにしていたため、

結婚後には所有しているクレジットカードが急激に増え、10社ほどあったと思います。

主人名義のカードでお金が引き出せなくなると、私名義のカードに手を出すようになり、

常に自転車操業でお金を回していた感じでした。

 

私名義のカードとなると、当然ですが督促状や取り立ての電話は私にかかってくるという事になり、

二人目の息子が生まれたころには電話の音に怯えるような毎日になっていました。

 

そんな生活の中、とうとう家賃の滞納が重なって家を出なくてはいけなくなり、

私の実家に頭を下げて子供たち二人を連れて帰ることになったのですが、

なぜかしら元主人まで転がり込んでくる始末でした。

 

反対されながらも結婚を押し切り、挙句に迷惑をかけていることを申し訳なく感じ、

私は親の助けを借りながら子育てをしつつ、

内職や新聞の集金、歯科助手など3つ仕事を掛け持ちし頑張っていましたが、

そんな私を横目で見ながら寝転がり、働くことなく、

「汗水たらして働くのは馬鹿だ」と言い放った元夫を見て、

ようやく離婚を決意することが出来ました。

 

私名義の借金は弁護士に相談して任意整理をしてもらい減額され、

その後数年かかって返しきりました。

離婚も承諾しないので調停に持ち込み、半年ほどで成立しました。

 

お金もなく借金がある私でも、実家の助けを借りながらなんとか立ち直れたので、

頑張るという意志さえあれば乗り越えられると思います。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL