離婚裁判中の勝手な財産処分を防ぐ方法

15,000人の離婚問題解決法

離婚に際して支払う慰謝料や

財産分与の額を少しでも減らすために、

離婚裁判中に勝手に財産処分してしまう人がいます。

 

財産を処分されてしまうと、離婚が成立しても、

予定していた金額の財産を

相手から受け取ることができなくなってしまう可能性がありますので、

勝手な財産処分を防ぐ手段を講じておく必要があります。

 

たとえば結婚後に購入した不動産を勝手に売ってしまい、

その代金を費消してしまっていたような場合には、

不動産を取り戻すことはできませんし、

お金を支払わせることもできません。

 

基本的に結婚後に購入した財産は

夫婦の共有財産とみなされることになっているのですが、

実際には夫の単独名義にしているケースが大半です。

そのために、それを幸いとして勝手に処分されてしまうケースがかなり多いです。

 

財産を譲り受けた側が離婚時の財産分与逃れのためだということを知っていて、

なおかつ不当に安い対価で譲り受けていたような場合であれば、

その財産処分行為を否定することができる場合もありますが、

実際にはごくレアケースだと考えた方がよいでしょう。

 

具体的にはどのような方法を取ればよいのかと言いますと、

まだ離婚調停を開始していない状態であれば、

仮処分の申請をすることが可能です。

 

ただし調停前の仮処分には強制力がありませんので、

勝手な財産処分を完全に阻止することはできません。

ですから、一刻も早く正式に調停もしくは審判を申し立てた上で、

処分禁止の仮処分や仮差押えの申し立てをするのが得策です。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL