預金・貯蓄

15,000人の離婚問題解決法

・・・・・人生の再設計を
離婚を機械に見直してみては?

お金が手元に入ったとき、多くの人が銀行預金を考えます。
これは、銀行預金は元本を失うことにはならないだろうという安心感と、
キャッシュディスペンサーの普及で、サイフ代わりに手軽に使えるから
ということができるでしょう。
実際に、あるファイナンシャルプランナーは、運用の仕方として
一番多いのが、銀行や郵便局での普通貯金、続いて定期預金、次に来るのは外貨預金、
そして国債、外国債、株式、投資信託・・・と話しています。

しかし、ある程度以上のまとまった額があって目先に使う予定がない場合には、
普通預金から定額預金への預け替えをした方が少しは有利な運用になります。
少しは、というのも淋しい話ですが、バブル崩壊以後の金利は、
何億円という資産があっても、定期預金の金利では生きていけないような状況にありますので、
「普通預金よりはまし」、という考え方でいたほうが無難でしょう。

また、人それぞれの性格などにもよりますが、
定期預金にしておくと軽々しく遣う気にならないという声もよく耳にします。
そうだとすれば無駄遣いの防止という効果があるといってもいいかもしれません。

婚姻時に積み立てをしていた人は、ぜひ続けて欲しいものです。
経済状態によって積み立て額を下げることになっても、
お金は備えとしてはなにより重要ですから、継続をお勧めします。

また、若い頃には、自分の結婚資金であったり、
子どもの教育資金であったりと、いろいろな目的を持って
貯蓄に励んでいた人も、住宅も手に入りローンも終わり、
これといった目的意識がなくなっている年代になっているかもしれません。
しかしこんなときこそ、淡々とした人生に新しい風を吹き込むためにも、
なにかの目的を立てて貯蓄を始めるのもいいのではないでしょうか。
自分の人生を振り返り、これからどうしていきたいのか、
なにをしてみたいかなどを改めて考えてみましょう。
自分のためでなくても、孫のためにお金を貯めるという人もいます。
あるいは、自分の葬儀費用のためという人もいます。
相反して、夢に見ていた船旅のためにとがんばっている人もいます。
目的には、制限がありません。自由に考え、自分の人生を設計しなおすつもりで
貯蓄を考えれば、さらに楽しみが増えるのではないかと思います。
また、離婚された方の中には、迷惑をかける家族がいなくなったことで、
思う存分投資活動をできるようになったと言っている人もいます。
その方は手始めに定期預金を崩して、外貨預金を始めたそうです。
もちろん、金融商品には損失の危険性があるものも多いことをよく理解しなくてはなりませんが、
この方のように子どもも独立し、ご自身も離婚をしたからこそ、
思い切ってやってみる気になったという方の例も興味深い話です。

身近なお金の見直しというと、保健の見直しが注目を浴びています。
特に自動車保険などは、商品の種類が増えたことで、かなり保険料の節約につながるケースがあるようです。
そこで節約できた分を貯めていくのも楽しみになりそうです。
もし長い間、保健会社の見直しをされていないようでしたら、
最新の各種商品の保障内容を確認しておくと良いでしょう。
いずれにしても、お金は生きていくのに必要なだけでなく、
人生を潤し、夢や希望の元になるものでもあります。
実際にどんな節約をするとか、
預金を見直すことも大切ですが、
その作業をすること自体が、日々の生活に活力を吹き込むという効果もあるのです。
特に社会人として長い時間を過ごしてきた熟年層の人たちだからこそ、
経験や知識、ときには人脈を活かしてみるのも、素晴らしいことではないでしょうか。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL