養育費について

15,000人の離婚問題解決法

私は2年前に離婚しましたが、養育費は要らないという結果を伝えて家を出ました。

子供が二人います。

離婚当時子供は中学生と小学生高学年でした。

何とか自分の働いた給料と市から頂ける母子手当で何とか暮らしていけると思ったからです。

 

家を出たばかりの時は、我が家の子供達はもう夫婦の嫌な空気から逃れられるので

小さなアパートでもいいから校区内でしかもペットを飼っていたので飼えるアパートであれば

どこでもいいと言ってくれていました。

私も狭くてもいいと思っていたのペット可能な物件で自分の払える範囲のアパートをすぐ見つけ契約しました。

早く酒乱の旦那から逃れたかったので後先をほとんど考えていなかったように思います。

引っ越しに掛かる費用や、これからの子供達の学費など本当にかかる事も知らずにです。

 

養育費は払える時に払うからという元夫からの連絡に少し期待をしていました。

ですが、引っ越しして半年経っても全くお金が振り込まれてくるわけでもなく、

それでも子供に会いたいという気持ちを酔った勢いで連絡してくる元夫に嫌気がさしてきました。

私がどんなにお金が掛かっても何とかなるようにしかならないと思いながら頑張るつもりでした。

ですが、子供が2年経ち性別も違うため、子供の友達を呼ぶのに狭いと困るという事や、

私の自分の部屋が無い事にとても辛くなってきました。

ここが私の甘えだったと思います。

周りを見てもペット可で今より広い物件というのは中々無いのです。

校区を出ればあるのですが、受験生なので最後まで同じ学校で卒業させてあげたいという気持ちで一杯でした。

 

元夫に相談すると、今まで住んでいた家のローン残債がきつく養育費までは払えないとお断りされました。

仕事も定職についていないようで、毎月給料が変動して払えないと。

ですが、たまたま子供達が父親と会いたいと言い出して止める権利もないので会わせてみたら

何か変わるのかもしれないというまた期待で、

会わせると夫は車も買い替えていて、違う町でアパートを借りて住んでいました。

車を買い替える余裕があるなら少しでも子供達に養育費をくれてもいいのではないかと思いました。

結局、前に住んでいたアパートと広いアパートの家賃の差額を毎月支払ってくれるという条件で

今は新しい広いアパートに住んでいます。

ですが、生活はキツイです。

子供が、高校生になれば学費や、通学定期代など沢山かかるからです。

私の段取りが全くできていない事に自分を責めるばかりです。

 

元夫は私にお金を渡すというのがとても嫌なようで、

子供達が行くと色々買ってもらえたり春にも東京へ子供達を連れていきたいと言っています。

お父さんの方が色々買ってくれるし、旅行も連れて行ってくれるという子供達の気持ちがとても悲しいです。

広い家に住めたのもお父さんのおかげと思っているのではないかと思ってしまいます。

 

毎日の生活の中での私への気持ちはきっとただの同居人としか無いのかもしれません。

養育費さえもらえたら私だって子供達に何かもっとしてあげれたのにと思うと悔しくなります。

離婚時にちゃんと養育費を貰えるように、取り決めをしておけば良かったと今でも後悔しています。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL