別居中の子どもと面会する

15,000人の離婚問題解決法

最近では、離婚の際に

財産分与や養育費について協議する際に、

別れて暮らすことになる子どもとの交流についても

決めるようにするケースが増えています。

 

しかし、離婚後に実際に我が子を引き取って育てている親の方が、

もう一方の親との面会を嫌がって約束を守らない

というケースがかなり多いです。

 

また、離婚の前にある程度の期間別居するケースが多いですが、

家を出て行く方の親が子どもを勝手に連れて行ってしまい、

それっきり会わせることを拒否するというケースも少なくありません。

 

しかし、離れて暮らす親と会うことは、

子ども自身の人格形成や精神発達に不可欠である部分が多いことから、

この面会交渉権は家庭裁判所の実務上、

親の正当な権利の一つとして認められています。

 

たとえば、別居中の親の一方が、

この面会交渉権を行使するにはどうすればよいのかと言いますと、

もう一方の親に対して我が子と会わせてくれることを求める趣旨の文書を

内容証明郵便で送るという方法があります。

 

しかし、現実的には、この方法で面会交渉権が実現されることはまずありません。

実際には、家庭裁判所に対して面会交渉に関する調停や

審判を申し立てるケースが大半です。

 

裁判所でまず第一に重視するのは、子ども自身の福利の問題です。

親自身の感情よりも子どもの健全な成長に資することを最優先する必要がありますので、

年齢や性別、性格、生活環境、就学しているかどうかなどの様々な要因を複合的に考慮して、

その子自身の意向が尊重された判断がくだされることになります。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL