妊娠中に離婚した場合の親子関係

15,000人の離婚問題解決法

妊娠中に離婚が成立した場合、

生まれてきた子供の親権は、

当然に母親が持つことになりますが、

戸籍の方はそう簡単な話にはなりません。

 

離婚届が役所に受理されてから

300日以上経過してから子供が生まれた場合には、

その子供は非嫡出子として母親の戸籍に入ることになっています。

この場合、父親の欄は空欄のままとなりますので、

俗に言うところの私生児となるわけです。

 

しかし、離婚届が受理されてから300日以内に子供が生まれた場合には、

子供は嫡出子として別れた夫の戸籍に入ることになっています。

正確に言うと嫡出推定がなされる子供ということになるのですが、

夫以外の男性との間にできた子供であることが明らかであるような場合であっても、

現在の戸籍制度では、別れた元夫の子供である

という取り扱いがなされることになっています。

 

離婚の日から300日以内に誕生した子供であれば、

別れた夫が子供の父親である蓋然性が高いので、

生まれてきた子供に対する扶養義務を

別れた夫にも負わせようとする趣旨で定められている規定なのですが、

この規定があるために、当事者全員が夫の子供ではない

と認めている場合であったとしても、戸籍上は元夫の子供ということにされてしまい、

かえって不都合になってしまうことがあります。

 

その状態を実態に適合させる方法としては、

別れた夫の側から嫡出否認の訴えを裁判所に申し立てるか、

父母もしくは利害関係人から親子関係不存在確認の申し立てを行う必要があります。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL