子供を見ていると離婚して良かったと思っています

15,000人の離婚問題解決法

私の両親も離婚をしていますので、子供の気持ちも解ってはいたんです。

毎晩のようにケンカをして母親が殴られているのを見ていたので、

こんな毎日が続くのなら離婚して欲しいとずっと思っていました。

 

しかし、自分が結婚して離婚という選択肢が出てきた時に凄く悩みました。

その頃子供がまだ4歳と2歳で家庭環境が良くなかったこともあり

親兄弟や親戚とは絶縁状態で頼れる人が誰もいなかったので、

まだ小さな子供を抱えて本当にやっていけるのかと不安になり、

もう少し子供が大きくなるまでは我慢するしかないと考えてしまっていたんです。

 

ところが離婚を考えるようになった頃から、元旦那の暴力がエスカレートしていき

私を動けないようにしてから子供を殴り続けたりしていたんです。

殴られ続けたことで子供は男の人に恐怖心を持ち怖がるようになってしまいましたし、

顔を殴られていたので耳が悪くなってしまったんです。

 

このままではいけないと思い、ある日私と子供しかいない昼間に子供と少しの着替えを持って家を出たんです。

数日は友達の家に泊めてもらっていたのですが、

友達にも家庭があるのでいつまでもお世話になることができないので、なんとか住む場所を探したんです。

 

そして見つけたのが母子寮というところです。

夫からの暴力などから逃げてきた人が住むことができるところなんです。

一部屋だけでしたけど、贅沢は言えませんしそれでも十分でした。

シェルターも考えたのですが母子寮に比べると費用がかなりかかるので母子寮を選んだんです。

 

こうして母子寮での生活が始まったのですが、いつまでも住んでいられるということではなく、

離婚に向けて動き自立して出て行くという場所なんです。

家を出て少ししてから、家庭裁判所に離婚調停を申し立てしました。

その時に子供への暴力のことを話して、居場所が解るとまた暴力が始まってしまうので、

調停の日に裁判所に相手が来る時間と帰る時間を1時間ぐらいずらして欲しいことを伝えると

裁判所の人はちゃんと聞いてくれて丁寧に対応してくれました。

そのおかげで離婚が成立するまでに私と子供の居場所が相手に解ることもなく、無事に離婚できました。

 

調停は5回ほどで終わったのですが、最終的には相手の条件を受け入れました。

理由は養育費を払うのであれば一生離婚はしないと言われたことです。

結婚してしばらくしてから、元旦那はお金を家に入れてくれなくなり、

私が働きに出ることも許してもらえなかったので、私の収入は子供の児童手当だけだったんです。

だから家を出た時もほとんどお金がなくて、このまま離婚しないでいると

子供の健康保険や食費すらもなかったので、養育費を払わなくて良いのならすぐに離婚してくれると言われ養

育費を貰わないことで離婚に合意したんです。

 

ただ、今後は子供が会いたいと言わない限りは子供には会わせないという条件だけは出しました。

離婚してからしばらくは男の人を怖がっていた子供も殴られない日々を過ごすことで

少しずつ落ち着いてきて離婚から半年ぐらい経った頃には男の人への恐怖はなくなり、

のびのびと過ごしていました。

生活は大変でしたが子供の変化を見ていると離婚して良かったと思っています。

 

子供からは離婚後は父親のことを聞かれたり、会いたいと言われたことはありません。

小さいながらも少しはあの頃のことを覚えているのかもしれないと思いましたが、聞いたことがありません。

離婚した頃は小さかった子供も22歳と20歳になり無事に成人してくれてホッとしています。

離婚は大変なことも多いですが、子供がいる場合は子供のことを一番に考えないといけませんし、

家庭環境が悪いのであれば無理に結婚生活を続けるのではなく離婚するほうが良いことを実感しました。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL