子育てへの価値観の違い

15,000人の離婚問題解決法

離婚問題は、子供の教育から生じる場合があります。

 

子育て時期は、子供の教育にウェイトをかけざるを得ない時期でもあり、

夫が自由業であるとか、日中一緒に居る時間が多い家庭では

夫婦で話し合う時間も取れますが、

それでも「教育」は妻が背負い込む部分が大きいといえます。

 

女性はどうしても周囲の影響を受けやすく、

いつも安全圏にいたいという気持ちが強い。

このため本質的なことを大切にするよりも、

世の中の流れを重視しがちになります。

 

他人の子供が塾に行けば、自分の子も塾へということになりがちで

子供本来の気持ちを尊重することが難しくなります。

 

子供の教育に関して、夫と妻の意見が違った場合、

かつては夫の意見が最終的には通っていましたが、

現代はむしろ逆になっているため、

妻が自分の意見を通す場合が多い。

 

その結果子供にとって良いものであればいいですが、

裏目に出た場合、妻は夫に助けを求めることになります。

 

夫としては「だからあの時、こういったじゃないか」

という思いが心のそこに残っているわけですから、

このように、子供の教育を介在にして最後には、

性格の不一致というところまで、繋がっていってしまうこともあるのです。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL