子連れ離婚を考えてる方へ

15,000人の離婚問題解決法

子供がいても離婚したいと考えている方は色々悩んでる事でしょう。

生活はやっていけるだろうか?

子供を立派に育てられるだろうか?

・・・悩みは尽きないと思います。

 

まず自分自身を振り返り相手を許せる範囲なら離婚は留まった方が良いと思います。

離婚は間違いなくお母さんに負担がのしかかるので相当の覚悟がいります。

 

単に生活を支えられれば良い訳ではありません。

大事な事は子供達の心の成長をしっかり見てあげる事です。

 

一人親になるという事は父親の役目・母親の役目を自分一人で請け負う訳ですから

強い意志がないと子育ての途中でもがき苦しむ事になります。

結果子供達に悪い影響を与えるようでは

離婚しない方が良かったと後悔する事になります。

 

離婚の意思が固まっているなら安定した仕事に就く事が先決です。

たとえ養育費がもらえるとしてもアテにはせず自分の稼ぎで養う事が大事です。

 

正社員で働ければ良いですがなかなか見つからない時は

アルバイト・パート・派遣になりますので出来るだけフルタイムで

正社員に近い状態で就業した方がいいです。

時にパートから正社員として雇用されるチャンスもありますから。

 

子供が小さいなら高収入でも深夜のバイトはお勧めしません。

日勤の仕事だと夕飯は必ず子供達と一緒にとる事が出来ます。

 

母子家庭になると児童扶養手当の他、

医療費の助成・母子貸付金などが受けられるので大いに活用して下さい。

引け目は感じる事は一切ないです。

一人で育てるお母さんの為の国が決めた援助ですから。

 

ただ逆に収入が一定の範囲を超えてしまうと児童扶養手当が減額されます。

あと市営や都営などの公営住宅は格安で借りられます。

倍率は高いので早めに申し込み入居出来るよう

入居者募集の情報はネットなどでこまめに調べておきましょう。

 

子供達のメンタル面はお母さん次第です。

離婚の理由は何であれ子供は父親を慕うはずです。

父親の悪口は絶対に言わない事です。

離婚の理由が父親にあったとしても子供は父親を恨む事はないです。

むしろ父親の悪口を言っている母親を恨むようになりますから。

 

そして離婚の理由もきちんと話すべきです。

出来るだけ子供が小さいうちに。

就学前の子供でも真剣に目を見て話をしてあげましょう。

子供は小さいながらに理解しようとするのです。

 

泣かれるかもしれませんし「お母さんなんて嫌い!」と言われるかもしれません。

恐れずお母さんが「あなたたちをしっかり守ってあげる。」

という気持ちを精一杯伝えてあげましょう。

抱きしめてあげましょう。

 

子供達は勝手に育っていきます。(言い方は悪いですが。)

どんな風な育ち方をするかは母親次第です。

どんなに辛くても笑顔でいる事、それだけでも子供達は幸せだと感じます。

 

決して辛い事ばかりではありませんし

むしろ厄介な要因が無くなれば活き活きとした人生を送れますよ!

 

結婚生活を続けながら旦那の悪口を子供に聞かせ不機嫌にイライラしている母親よりも、

笑顔でいるお母さんの方が子供にはいい影響を与えます。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL