慰謝料と養育費、父親の親権について

15,000人の離婚問題解決法

私はかつて父親でした。

子供は二人おりましたが、現在も母親に引き取られております。

 

離婚するに当たり協議離婚をしました。

慰謝料30万、養育費は子供が成人するまで一人当たり5万となりました。

養育費を払う代わりに月1回以上子供と面会させる。という条件付でした。

 

協議中親権についても争いましたが、

子供が小さいという理由だけで私には親権は認めてもらえませんでした。

今考えるともう少し粘れば良かったかとも思います。

 

慰謝料の30万は即日支払い、毎月の養育費もきちんと払っていました。

 

離婚から数ヶ月経ったあたりから元嫁が一人で金を取りに来るようになりました。

理由を聞くと、具合が悪いとか、おばあちゃんの家に行ってるとか。

まぁそれでも僕はきちんと払っていました。

 

しかしあまりにもその状況が続いた為、

元嫁に「子供に会わせないなら金輪際養育費は払わない」と私は告げ

それ以来養育費を払わないでいました。

その間、元嫁からの連絡も一切なしです。

 

それから数ヶ月が経ったある日、私の携帯に裁判所から電話が来ました。

「養育費払ってないですよね?このままだと財産や給料差し押さえますよ。

協議離婚は最高裁の判決と同じ効力がありますので。」と言われました。

 

私は「子供に会わせる条件ですよね?金だけ取りに来て全然子供に会わせてもらえないのですが、

それは良いんですか?」その事実を突きつけると

「それは聞いてなかったですねぇ、でもお母さんは子育て大変でお金もかかるから…

わかりました。また連絡します。」

 

それ以来裁判所から電話が来ることは無かったですし、

私も養育費の支払いは現在までストップしたままです。

 

周りからの話なので定かではないですが、私と離婚後すぐに別の男性と関係があったらしく、

私と子供が会っていることが煩わしくなっていったのかと今思えば感じます。

 

離婚だけでなくお金に関わる話はすごく恐ろしい事なので、

やはりきちんとした形をとることが重要だと思います。

 

今現在子供たちがどこにいるか何をしているのかも全く分からない状況になってしまいました。

お互いきちんとしていたら、もしかすると今も子供たちと会えていたかもしれません。

 

離婚して分かった事はたくさんあります。

円満な離婚なんて理想論であり一番難しいかと思います。

出来れば離婚なんてみなさんしたくはないと思いますが、

万が一の時は時間をたくさんかけて話し合い、

離婚後揉めずに過ごせるかをきちんとしておくべきだと思います。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL