氏の変更を考える

15,000人の離婚問題解決法

離婚が決まってから 悩んだのは氏の変更でした。

長い間 今の氏を使っていたのですから当然慣れ親しんだ氏です。

突然変わると戸惑いもあるのです。

 

子供がいる場合 とても悩みます。

子供とよく話し合わなければいけませんが

まだ小さいのであれば変えてしまった方がいいかもしれません。

相手側と顔も合わせてくない。憎み合っている。

などの場合は当然でしょう。

 

しかし お子さんとの面会を許すのであれば 氏を変えずにいてあげる方が

お子さんには 違和感が無くて良いのではないでしょうか。

 

私は子供が大きくなっていたので 話し合い理解してくれたので氏の変更をしました。

とうてい相手を許すこともできないし 同じ氏で生きて行くのは嫌でした。

それに相手が同じ市内に住んでいたので 人から同じ名で呼ばれるのは苦痛でした。

それぞれ離婚の理由は違っていますから 氏を変えるのが正しいとは思いません。

全く気にしないで 暮らして行ける方もあるでしょう。

 

手続きは離婚届けを出したときに 尋ねらるので変更できます。

お子さんの場合は 年齢によって手続きが違いますから役所で相談しましょう。

 

氏を旧姓に変えてしまうと 戻すことはできません。

離婚を考える前に 良く考えてください。

 

変えてからが大変な作業が待っています。

公共料金や金融機関の氏の変更手続きです。

クレジットカードなど持っていれば変更もしなくてはなりません。

この作業は時間がかかり 大変な作業となります。

私は 氏を変えたことを悔やむことになりました。

 

氏を変えることは簡単ですが 変えないで行く選択もあるのです。

知人の場合 氏の変更をしませんでした。

子供達と相手との親子関係を切りたくなかったそうです。

子供が育っていく中 お金がかかるということもあり

子供達から 相手に出してもらうように催促させたかったからだと言っています。

 

いくら夫婦が憎み合って離婚しても 子供達にとって親子であるに変わりありませんから

離れて暮らす子供達に会ったとき 相手はいい顔おして金品を出しているそうです。

氏を変えられるのは 相手にとって屈辱なのかもしれません。

離婚後も 相手とメールのやり取りはしているとのこと。

そういうのもありですね。

 

お子さんがいなくて一人身なら 先であなたが再婚する確率は高いです。

可能性があるお相手がいるのでしたら 離婚で変更する必要もないわけです。

 

昔なら離婚は非難されることでしたが 今はそうではありません。

無理な結婚こそが 悲劇を生むことになります。

先々のことを考えて 一番賢い方法を選んでください。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL