親が離婚をしたときに子どもが受ける衝撃を考える

15,000人の離婚問題解決法

親が離婚したとき子供達はどのように感じるでしょうか。

私の知人には親が離婚した家庭環境で育った子供や大人がいます。

一言で言うと大変かわいそうです。

幼い子供であると、とても小さなことで感情を乱し、親が離婚してしまった人のほとんどは、

心の中に大きな漠然とした不安を抱えて生きるようになっています。

 

見かけはしっかりとしていたり、明るかったりということが多いのもですが、

やはり長い人生の中で親からずっと見守られ、愛されてきた人たちとは違う、

やり場のない怒りや悲しみを抱えてしまうのです。

 

又どうしても、そのような人は同じような境遇の人と友達になることが多くなります。

気持ちをわかってもらえる場合が多いからです。

親が離婚する年齢にもよりますが、たとえ成人した後の離婚であっても、

自分の親が離婚したという事実は、自分自身が引き裂かれるのと同じ衝撃があります。

成長してから子どもが運よく幸せな結婚をして、幸せな家庭を築いたとしても、

今度はその自分の子どもたちにいつか親が離婚した理由を説明しなければならないときが来るので、

親の離婚は子どもの一生をついて回るようになってしまうのです。

 

親の離婚を経験した子供達は、その悲しい経験をなるべく思い出したくありません。

ですから、思い出すたびにとても辛くなってしまいますし、また離婚した両親が亡くなったときや、

離婚してからの双方の付き合い方や子供達と親の距離感などによって、

子どもの人生はずっと大きく左右されることになります。

そういった長い目で離婚を考えてときに、果たして一度結婚した二人が、

特に子どもがいる場合に簡単に離婚を決断して構わないのでしょうか。

 

私の知人には、離婚した後に子連れ再婚をして、その人自身は幸せになっていても、

子供達は様々な面で無理を強いられているという状況を多数見てきました。

子供達はどんなに悲しくても辛くても、自分の親の幸せを願うために再婚も一生懸命肯定したり、

新しく家族になった人と親しくなれるようにとても努力をしたりします。

 

よく再婚する人のほとんどは、「子どもが再婚を迷っていた自分の背中を押してくれた。」という人がいますが、

それは子供が本当に望んでいることとは限りません。

子供はいつでも親が喜ぶことをしよう、しよう、としてしまうのです。

 

このように不の連鎖を断ち切るためには、やはり一度結婚したら

よほどの理由がない限り簡単に離婚はしないことだと思います。

あまりに離婚を簡単にしてしまうと、結婚をして家庭を築き、

社会の一員として平和な家を作るという意味が薄れてしまいます。

そしてなによりも子供がいる場合は、自分たちの我を極力抑え、

子どもの将来をよく考えた上で離婚を話し合うべきだと思います。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL