親の離婚からパニック障害に

15,000人の離婚問題解決法

私の両親が離婚してからもう5~6年経ちます。

そのとき私は大学生で、離婚のショックでパニック障害になりました。

 

私の両親は父親の実家で暮らしていたのですが母と祖父母の関係が悪く、

結局は家族4人で出ていきアパート暮らしを始めました。

基本的には仲の良い両親ですが、喧嘩すると怒鳴りあいのようになり

別居するまでには至りませんでしたが2.3日会話もしないようなことはよくありました。

割と神経質で頑固な父親と、適当主義で楽観的な母親ではあまりうまくいかなかったのかもしれません。

 

そのような感じで私が大学生に、妹は高校生になるまで暮らしてきたのですが、

ある日父親の不倫が発覚して離婚することになりました。

私は遠く離れた場所で一人暮らしをしていたのですが急いで実家に戻り、泣きながら反対しました。

ですが両親の意思は固く離婚という決断に至りました。

 

両親の老後も私自身が面倒を見てやりたいという気持ちがあったのですが

離婚となるとかなり遠く離れた場所で暮らすことになるのでそれも叶うことができず、

父親にはその不倫相手の人と結婚してほしいと頼みました。

そうすれば新しい家族ができて世話をしてくれる人もできると思ったからです。

そして私は母親と母の実家に住み、将来は私が働いて母親のことを守っていかなければならない

と思うようになりました。

 

離婚については私も完全に諦めた形になったのですが、ショックが大きすぎたのか、

パニック障害という病気になってしまいました。

それまでは大好きだった外食や美容院、旅行などがなぜかできなくなり、

次第に外出することが困難になりました。

人前で話すこともできなくなり、話さなきゃいけないような講義は全て欠席し単位を落としました。

 

それでも何とか大学は卒業できたのですが、電車やバス、車に乗ることができなかったり

外でご飯も食べられないような人が就職できるはずもなく、無職になるという結果になりました。

5~6年経った現在は少し症状が軽くなりましたがまだ仕事ができるような身体ではありません。

 

もし今、離婚を考えていて子供のことを大事に思っている人がいたら私は離婚をおススメできません。

もちろん私のように暖かい家庭で育ってきた人ばかりではなく、

離婚したほうが子供のためになるというケースもあるでしょうが・・・。

 

両親の喧嘩する姿をみることや離婚というものは

子供にとっては、とてつもないショックであるかもしれないということを考えてみたほうがいいかもしれません。

離婚の影響で精神的な病気にかかってしまえば風邪や骨折とは違い、

薬や放置していればすぐに治るというものではありませんから。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL