親権者は誰になるのか

15,000人の離婚問題解決法

離婚話が出た時に、

揉めることの多い項目と言うのは

ある程度決まっています。

 

それは財産分与、慰謝料、そして子どもに関することです。

 

子どもに関してはまず夫婦のうちどちらが

親権者となるのかで揉めることも多いですし、

それが決まった後に養育費の金額や面会についてなどでも

また揉めることがあります。

 

現在の日本では、親権獲得は女性が圧倒的に有利です。

例え離婚の原因が妻の不倫であったとしても、

親権は妻が持っていくケースが大多数です。

乳児はもちろん幼児でもそうなります。

 

それに反して男性が親権者となるためには

色々な条件が必要になります。

まず最もシンプルなのは女性が親権を要らないと言う場合です。

このケースでは全く問題無く男性が親権者となれます。

 

次に女性が何らかの事情で子どもを養育できない場合です。

何らかの事情というのは例えば病気などで、

経済的な問題の場合はあまり考慮されません。

 

そして女性による子どもへのDVが認められた場合も

親権は男性に行くことになります。

逆に言うと、女性が親権を欲していて、

かつ健康状態に問題が無く、DVも無いとなると、

男性が親権を取るのはかなり困難になります。

 

それでも親権を取りたい場合は、まず離婚前の段階で別居し、

そこで子どもを養育してみましょう。

母親がいなくでも男性側で育てることが可能だという状況を作り出すことです。

そうして状況を整えてからだと調停や裁判でも

男性が親権を取ることが認められることがあります。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL