離婚は子供の人生や性格を変えてしまう可能性があります

15,000人の離婚問題解決法

これは実際に私の経験してきたことです。

私は高校1年生にあがると同時に両親が離婚し、母親の方についていきました。

4人兄弟だったのですが子供は皆母親についていきました。

 

離婚前までの関係は本当に近所の人からも評判のかなり仲のいい家族でした。

私が小学生の頃などは毎週土日になると父親が仕事が休みだったので

家族全員で旅行に行ったりちょっと近場の公園に遊びに行ったり、

GWやお正月などの長期の休みの時は

父親の両親の家などに挨拶しにいったりと本当に仲睦まじい家族でした。

私の友達にも評判であんなお母さんやお父さんが良かったななど羨ましがられたりすることも多々ありました。

 

普段の生活に疑問を持ち始めたのは中学2年生の時でした。

昔から私の父親は仕事が終わるのが夜遅いこともあって、深夜に帰ってくる日も少なくありませんでした。

いくら遅くなっても必ず家には帰ってきていました。

しかし、中学2年の夏頃あたりから1週間に1度は帰らない日が出てきました。

 

初めのうちはたいして気にもしておらず、

母親も以前とは変わった様子はなかったので全く心配などしていませんでした。

しかし日が経つにつれ家に帰らない回数と頻度が増え、

ついには三日間連続で家に帰らなかったりした日もありました。

母親は私たち兄弟の前では普通に接してくれていましたが、

私はなにか異変が起きていることは中学生ながらに気づいていました。

 

そしてそんなままの生活が中学3年にあがっても続き、

頻度はさらに増し逆に父親が家に帰ってくる方が珍しくなりました。

中学3年の卒業間近の時でした。

学校から帰ってきた私たち兄弟を私の母親がリビングに呼び出し、今までのことを話始めました。

簡潔に話すとお父さんにはお母さんの他に好きな人ができた、もう家に戻ってくるつもりはない。

もう離婚を考えている、あなたたち兄弟は必ず私が引き取る。

そんなことを言われたのをうっすらと覚えています。

私はどちらかというとお父さんっ子だったのでショックに耐え切れずに号泣して過呼吸を起こしました。

 

そしてその後まもなく離婚。

高校にあがると同時に家も引っ越しました。

私は父親に裏切られたショックと父親を失った悲しみでしばらく鬱状態が続き、

ストレスで暴食などをしていました。

人のことが簡単に信じられなくなりました。

父親なんてそんなものだと割り切るようになりました。

 

現在23歳になりますが、その気持ちは今でも変わっていません。

大好きだった父親のはずがただの恨みの対象でしかなくなってしまいました。

しかし恨んだところでその悲しみが癒えることはありません。

 

両親の離婚はきっと本人たちが思っている以上に子供に影響を与えると思います。

なので離婚を考えている方がもしこの記事を見ていたならば、もう1度よく考えてみてほしいです。

本当の最善策はなんなのかしっかり考えた上で決断していただきたいです。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

離婚は子供の人生や性格を変えてしまう可能性があります への1件のコメント

  1. サイトウ

    私の女性問題で離婚しました。
    私の仕事が休みの日に女性友人とパチンコに度々行ってました。元妻に尾行され、写真を撮られ、後日、どういう関係か問いかけられ、職場の友人と言いましたが信用されず、息子と一緒に出て行かれました。その後、離婚の話しをされ、私が離婚拒否をずっとしました。息子は当時中学3年生で、親子関係もよく、別居後も元妻と息子何度も外食しましたが、私が離婚に応じなかったので、ある日、弁護士から離婚についての内容証明が届きました。それから弁護士に問い合わせたところ、浮気、暴力があると言われ、夫婦げんかはありましたが暴力なんてしてないのに、保護命令を申し立てられ、なんの証拠もないし、診断書もないのに、接近禁止命令まで出され、息子とも会えなくなりました。調停で面会交流、1ヶ月に1回決まりましたが一度も守られません。元妻の弁護士に問い合わせたところ、契約が終了してるので、連絡しないでくださいと言われ、三年経ちましたが、音信不通。当然、慰謝料もありません。息子の住民票閲覧不可になっており、日々怒りで、どうしたらいいでしょうか?

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL