離婚後に子どもの引渡しを求める方法

15,000人の離婚問題解決法

夫婦の間で子どもの引渡しが問題となる局面は、

大きく2種類に分けることができます。

 

まず1つは、離婚成立前に片一方の親が

子どもを連れて別居してしまったようなケースです。

 

もう1つは、離婚成立後に、親権者もしくは監護権者となった親の元から、

親権を有さない親が子どもを勝手に連れ去ってしまったようなケースです。

 

離婚の際に子どもをどちらが引き取るかで揉めた挙句、

裁判所に申し立てて親権者を決めてもらったような場合には、

子どもを引き取ることができなかった親の方が不満を抱くケースが少なくありません。

 

子ども恋しさの余り、祖父母までを巻き込んで

子どもを奪い合うようなケースが実際によく起こりますが、

一番被害を被ることになってしまうのは奪い合われる子どもです。

ですから、親としては、自分の感情よりも、子どもの気持ちを考えて

冷静な行動を取ることを心がける必要があります。

 

実際に、離婚後に単独親権者となった親の元から

子どもが連れ去られてしまった場合には、

親権者である親は親権に基づいて

子どもの引渡しを求めることができるようになっています。

 

方法としては、家庭裁判所に調停または

審判の申し立てを行うことになるのですが、

緊急を要する場合であれば、子どもを仮に引き渡すように命ずる

保全処分の申し立てをすることもできます。

 

相手がそれに応じない場合には、金銭的な圧力をかけて

子どもの引渡しを求める間接強制という手段を取ることが多いですが、

法的には、執行官が子どもを直接取り返す直接強制も可能であるとされています。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL