離婚後子供の姓はどうなるのか

15,000人の離婚問題解決法

両親が離婚したとき、

どちらの姓を名乗るか選ぶ事ができます。

多くの場合は結婚の時に妻が夫の戸籍に入るので、

離婚のときは妻が旧姓に戻ることが多くなります。

また婚姻中の姓を離婚後も継続して名乗ることもでき、

この場合は手続きが必要です。

 

もしも、子供がいない夫婦の場合だったら、

妻が旧姓に戻ることは簡単かもしれませんが、

子供がいる場合はどうなるのでしょうか。

 

子供も親権者の母親の旧姓を簡単に名乗れるのかというとそうではありません。

子供は元夫婦の戸籍にありますので、

簡単には親権者の母親の姓は名乗ることができないのです。

 

どうしたらいいのかというと、家庭裁判所に行き

『子供の氏の変更許可申立て』を提出、申請する必要があります。

 

ここで注意したいのが、子供と親権者の母親が

同じ性を名乗ることができたからといって、

結婚前の親元の戸籍に子供も入れることは不可能なのです。

子供と同じ戸籍に入りたいのなら、新しく戸籍を作る必要があります。

 

子供の姓が変わるのは、学校へ行っている子供には少しかわいそうなことかもしれません。

事情も理解できないまま姓が変わるのですから、少なからずストレスは抱えるはずです。

15歳以下の子供の場合、親権者が子供がどちらの姓を名乗るか決めますが、

15歳以上の子供の場合は子供本人が自分で決めることができます。

 

離婚は子供に大きな影響を与える問題になってきます。

子供の気持ちを考え離婚問題にむきあって欲しいです。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL