セックスレスと離婚

15,000人の離婚問題解決法

最近、比較的若い世代の夫婦が抱えている問題に

「セックスレス」があります。

 

ちょっとしたすれ違いから性的関係が途絶えてしまうものですが、

このことから夫婦関係が破綻する例も少なくありません。

 

「一緒に居られるだけで幸せ」と感じた新婚時代をとうに過ぎても、

「お互いが夫婦であると認め合うために必要なのは愛情です」

と自信を持って答えることが出来る人は、

結婚生活の年数分の愛情をきちんと積み重ねてこられたのでしょう。

 

でも、あくまでも夫婦は他人同士がむ結びついたものなのですから、

お互いを理解するためのスキンシップは大切なものです。

 

一方、「夫婦でいる意味がわからない」と考え込んでしまったり、

「子供たちの親だから」

「しがらみ」

「惰性」

「生活を変えられない」

「くされ縁」

などと考えてしまう人は、夫婦の危機を感じているのでしょうか?

それとも熟年離婚願望を秘めているのでしょうか?

 

例えば、「パートナーに興味がない」

「会話がない」

「距離を感じる」

「顔を合わせない」

「避ける」

「家庭内別居」など、

いわゆる仮面夫婦の状態にあるなら、

死ぬまでそれを演じきることができるでしょうか?

 

夫婦の関係が冷え切ってしまった原因は、

夫婦間のコミュニケーションが失われていった過程を振り返ってみれば、

何かが見えてくるはずです。

 

パートナーに対する何かしらの不満が積もりに積もって、

やがてあきらめへと変化し、

嫌悪や拒絶となって行動に表れていったのかもしれません。

 

小さな誤解やすれ違いを長年放置してきたがために、

それによってできたわずかな亀裂が深い溝となり、

見過ごせない状態になってくるのが熟年時代とも言えます。

 

仮面夫婦となった原因は、仮面夫婦の数だけ存在するはずですが、

スキンシップレスやセックスレスが隠れた要因となっているケースも多いものです。

 

パートナーと触れ合い、お互いの体温を感じることが、

夫婦の間に思いやりや愛情を再生し続けてくれ、

年数を重ねるほどに夫婦の絆を深めてもくれるのです。

 

後悔のないよう幸せに生きたいと願う気持ちは誰しも同じでしょう。

熟年夫婦が添い遂げられるか否かのカギは、

夫婦のコミュニケーション、心と身体のふれあいにあるのです。

 

「いい歳をして・・・」などとは思わずに、せめて相手の肩をもむとか、

階段で手をつなぐくらいのスキンシップをもちましょう。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL