モラハラ夫とようやく離婚が成立

15,000人の離婚問題解決法

付き合っている時から衝突することが多く、

度々泣きながら家に帰る事もあった当時付き合っていた彼と、

妊娠したのをきっかけに結婚しました。

できちゃった婚でしたがお互いの両親も快く結婚を許してくれ、

私の実家の近くにアパートを借り結婚生活が始まりました。

長身でなかなかのイケメン、周囲の人にも優しい彼との新婚生活にワクワクしていましたが、

結婚してみて知らなかった彼の色んな面が見えてきました。

 

母親になんでもしてきてもらっていたので身の回りの事が何にも出来ない。

そして私に母親と同じような行動を求めるのです。

食事も私の作ったものが気に入らなければ実家に行って食べて来たり、

コンビニでお弁当を買ってくることもありました。

「お前は何にも出来ない。常識がない」とこの頃から言われ始めました。

 

妊娠後期にトラブルがあり入院することになった時も、

嬉しそうに実家に入りびたり面会にもなかなか来てくれませんでした。

私の母も彼に対して段々と不信感を持つようになっていました。

子供が産まれても一切育児はしてくれず、家事も完璧を求められる。

出来なければ罵声を浴びせられといった暮らしに、私自身少しずつおかしくなっていきました。

 

過呼吸のような症状が度々出るようになり、実家にいたり友達と会っている時でも

彼から連絡が来ると動悸がおさまらず胸が苦しくなるようになったんです。

心配した実家の母からしばらく帰ってくれば?と言われ、

半ば逃げるように子供を連れて実家に帰りました。

 

病院に行くと鬱状態だとの診断がおり、カウンセラーの先生に話すうち彼の行動が

「モラルハラスメント」だと説明されました。

直接的な暴力は受けていなくても精神的にダメージを受けていたのです。

そう言われると彼のことがますます怖くなり、また彼と一緒に生活することは無理だと思いました。

 

鬱の事も説明し、離婚して欲しいと話すも「子供を渡すなら別れてやる」の一点張り。

調停でも話はまとまらず、弁護士さんに相談して2年間の別居が経過した時にようやく離婚が成立しました。

実家の家族にも子供にも迷惑をかけてしまいましたが、離婚することが出来てホッとしています。

鬱はまだ回復していないので薬を飲み続けています。

どうしてあの時そこまで我慢していたんだろう…と思うと悔しい気持ちもあります。

でもその時にそういった考えも持てない部分がモラハラの恐ろしさだと思います。

 

自分の心身を壊してまで結婚生活を続けていく必要はなく、

違和感を感じた時点でなにか行動を起こすことが大切だと実感しました。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL