夫が変わってしまった?

15,000人の離婚問題解決法

「結婚してからの夫は変わってしまった」

「昔はあんな人じゃなかったのに・・・」

 

つらい気持ちはよくわかります。

でも、ちょっと待ってください。

もしかしたら、夫の態度が変わってしまった原因が、

妻にもあるかもしれません。

 

次の項目で思い当たるフシがないかどうか、

ちょっと振り返ってみてください。

 

 

「夫が疲れている時や仕事で頭を悩ませている時に、取るに足らない話で悩ませた」

あなたにとっては大切な話だったかもしれませんが、

他の事で頭が一杯になっているときに余計な話をされた夫がいらつくのは無理もないこと。

まして本当にくだらないボヤキなんて聞かされたら、うんざりしてしまいます。

 

 

「昔はきれいにしていたのに、最近は身なりも構わず体型もだらしなくなっている」

夫の周りにいる外で働く女性は、きっちりメイクにこぎれいな身なりをしているはず。

帰宅して迎えてくれるのがオバタリアンでは、ついつい比べてしまうのも無理からぬ話です。

ただでさえ飽きているのに・・・。

 

 

「人前で夫をコケにしたり、家庭の恥部(お金がないなど)を話したことがある。」

男性は自尊心が高い生き物です。

他人の前で、「この人ったら、ほんとにバカなの」なんて、

たとえ愛情表現のつもりでも、男性にとっては許しがたいこと。

男のプライドや沽券に関わることは大切にしてあげてください。

 

 

「夫が大切にしている友人などの人間関係をおろそかにしたことがある」

夜遅く会社の同僚を連れてきた時、

あからさまに不機嫌な顔を見せたりしませんでしたか?

それでは、にこやかに迎えて歓迎してくれる妻を期待していた、

夫の顔は丸つぶれです。

 

 

「夫が甘えてきた時に、甘えさせなかったことがある」

男性なんて幾つになっても甘えん坊なんです。

いつもいつも甘えてくる夫では困りますが、甘えさせて、おだてて、元気にさせる。

そういうテクニックを妻には身に着けてほしいものです。

 

 

「夫が描く将来の夢や野望を、バカにしたり否定したりしたことがある」

男のロマンは「素敵ね」と言っておだててあげれば、夫はいい気分になるのです。

適当に話を合わせて気分良くしてあげるのが、賢い妻というものです。

 

 

「夫に自分の理想像を押し付けたことがある」

あなたは夫の理想の妻なのでしょうか?

たとえそうだとしても、夫には夫のいいところがあるはずなのですから、

自分の理想を押し付けたりしないであげてください。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL