旦那が働かない

15,000人の離婚問題解決法

旦那が働かないのも離婚理由として認められるケースもあり得ますが、

その場合は支払い能力がないと判断されることがほとんどです。

なので、離婚する際には慰謝料や養育費の支払いを要求するよりも

早めに離婚する考えで動くほうが賢明です。

 

子供がいるときは確実に親権を自分が持つことができる可能性が高いですが、

旦那が働かないと言ってもしばらくは様子を見るのもありです。

もう一度、仕事をしていない旦那と向き合ってみるのもいい機会ですが、

就職活動などをスタートしたりと仕事をする気持ちになってくれる場合もなくはないからです。

 

旦那が無職なために生活が困難になってしまう状況だと離婚理由としては十分ですが、

離婚後の生活を支えていくだけの自立を目指してみるのも

別れる前から検討してみるのが一番でもあるわけです。

 

自分自身が仕事をしていて安定している収入を得られている立場であれば、

旦那と別れる選択肢を第一に希望してみるのも悪くはないですが、

話し合った上で納得した形で離婚をするのがベストです。

 

旦那が離婚に応じなかったりと別れることができなくて困惑している場合は、

調停を申し込んでみると調停離婚といった形式を取りやすくなります。

はっきりとした話し合いも進めやすくなるのですが、不満も全くなく離婚するのにもふさわしいです。

 

普段から離婚理由に該当する証拠を記録につけておくのが役立ちやすいですが、

自分に有利に離婚するのもプラスに働くからです。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL