相手のお父さんはアルコール中毒

15,000人の離婚問題解決法

前の相手とは、同じ職場の先輩と後輩でした。

とても厳しい職場だったので、先輩としてバリバリ働いている彼を、とても頼もしく思っていました。

 

その後、お付き合いするようになり4年経過したところでプロポーズしていただきました。

私自身、結婚がしたかったのもあり、その時の彼のことも好きだったので、もちろんOKをしましたが、

彼の家はとても複雑な家庭でした。

 

彼のお父さんは大工さんで、お酒をよく飲み、日常的に家族に暴力をふるったりしていたそうです。

彼のお母さんは、彼が20歳の時に亡くなりました。

その後の家事などは、すべて彼が行い、お父さんは大工として働いていますが、全く家事ができない状態でした。

スーパーにお酒を買いに行けても、お弁当は買いに行くことができないそうです。

そして、結婚前にアルコール中毒で精神科に措置入院となってしまいました。

 

正直、かなり結婚に迷いましたが1人で頑張っている彼に、結婚できないと言えず、結婚し彼の家に入りました。

 

まず驚いたのが、お金がないわけでもないのに家や家の家財道具など、すべてがボロボロで驚きました。

また嫁いでいったものの誰も、私が迎い入れる準備はしていませんでした。

お父さんは家に帰ってくれば、お酒ばかり飲んでいて、家のことは全くしません。

でも私の作った料理で、洋風のものなど口に合わない物は食べません。

お弁当もどんなことがあってもお父さんの分は作らなくてはならず、

少しずつお父さんとの間に亀裂が入りました。

 

それでも、新居も建て引っ越ししたあと、仕事から帰ってきたお父さんに

私が「おかえりなさい」と言わなかったのが気に食わなかったようで、お父さんに殴られました。

 

すぐに彼に帰宅してもらい3人で話し合いをしましたが、

彼はお父さんのことは怒らず「お互い悪い。」と言いました。

また話し合いのあとに彼から「小さい頃から、自分も暴力を受けているから、しょうがない。」

というようなことを言われました。

 

私は、家に帰るのが怖くなり、お父さんが1人で家でにいる時には帰れなくなりました。

それでも別居するなどの提案も彼は、近所の目も気になりできずにいました。

それでもなんとか、別居しましたが彼は、お父さんを外に追い出した息子と思われるのがイヤだったようで、

数か月したのちに離婚したいと言われました。

 

私は最初、それでも2人の仲が悪いわけではないのに、別れなくてはならないのかと思いましたが、

やはり彼はお父さんを捨てることはできず、今後もこのような生活が続く可能性も考えられたため、

離婚に応じました。

今、考えるとお父さんと彼は共依存のような関係性で、今思うと別れて正解でした。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL