離婚に向けて…おかんがんばる

15,000人の離婚問題解決法

私は42歳、夫は57歳、小4と小2の子どもがいます。

夫には離婚歴があり、前の奥さんのところに娘さんがいます。

 

私が夫と離婚したいと初めて思ったのは上の子がお腹にいるころ、妊娠6カ月くらいの時です。

それまでも育った環境の違いに戸惑い、「それでいいの?」と思うことが多々ありました。

 

それが決定的になったのは二人でショッピングセンターをブラブラしていた時です。

夫が小腹が空いたというのでラーメン店に入り、夫はラーメンを私はソフトクリームを注文し食べ始めました。

すると夫がふざけて「お前シナチク好きだろ?あげるわ」と言って

いきなり私のソフトクリームの上にシナチクを乗せました。

 

食べ物で遊ぶなときつく教えられて育ってきた私はその場で怒りが抑えきれなくなり、

食べ終わっていないまま席を立ちショッピングセンターをただ夫から離れたくて歩きまわりました。

悲しくて情けなくて涙がただ溢れてきました。

 

子どもを持つお母さんなら、いえ普通の人間ならそんなことを冗談としてやらないと思います。

その時は子どもこれから生まれてくることもありただ私が我慢し、耐えました。

 

それからは夫にも義父母にも不信感をずっと抱えたまま、表面上はいい嫁になろうと努めてきました。

夫の両親は共働きで、夫はほぼほったらかしで育ったそうです。

それもあるのかしつけの部分で私には理解できないことが多々ありました。

 

玄関の靴は無造作に散らかっている、食事の最中でも誰もテレビを消そうとしないetc..

数えたらきりがないですが、子どもを義実家へ連れて行くたび

私はその状況に黙って耐えなければなりませんでした。

幸い子どもたちは私がしつこく言うので靴も揃え、挨拶もきちんとし、

人から悪く言われることはほとんどありません。

 

夫は建築業で、私もちょくちょく手伝いにいっていたんですが、

去年の秋頃、夫の仕事にたまたま子どもを連れていったところ、

後々そのお宅で落書きがあったとクレームになって揉めていると聞かされました。

それがウチの子どものせいだと…。

私は子どもから目を離していませんし、落書きをしていたというボールペンも

子どもたちは触っても持ってもいませんでした。

 

夫は子どもや私の言葉は聞き入れませんでした。

その上私が仕事先で嫌われるようなことをしたから今まで仕事がなくなったことも多々あるとまで言われ、

お前とはやっていけないとあちらから言われました。

 

しばらく一人になりたいと言いだし、帰らない日々が続き、帰ってきても深夜で、

子どもの顔もろくに見ないで朝仕事に行くことが多くなり、

私はアパートを引き払うことにし、実家へと荷物を運び、

夫にはどこか一人で住む場所を探してとだけ言って別居を半年ほど続けています。

その間、夫は子どもに会いたいとも行ってこず、

養育費も生活費もまともには(別居する前から)入れてくれません。

 

今は実家へ頼り精神的には安定していますが、

金銭的に夫に頼るのは嫌なので午前中と深夜に働いています。

元々子煩悩な父親ではなかったので子どもたちもそれほどお父さんに会いたいとは言わない

(我慢してくれているのかもしれませんが…)のだけが救いです。

これからは親子三人で生活できるよう、がんばろうと思っているところです。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL