離婚の種類

15,000人の離婚問題解決法

離婚は手続きや方法の違いによって

次の4種類に分類されます。

 

 

 

 

 

協議離婚
夫婦が話し合いによって、お互いに合意して成立する離婚です。

日本では約9割がこのスタイルです。

 

調停離婚
家庭裁判所の調停を利用して、離婚を成立させるものです。

日本では1割弱が調停離婚です。

 

審判離婚
調停が不成立となったとき、

離婚させたほうがよいと家庭裁判所が判断した場合は審判を下し、

2週間以内に相手から異議申し立てがなければ審判離婚となります。

 

裁判離婚
調停が不成立となったとき、離婚した側が家庭裁判所に訴訟を起こします。

離婚を認める判決を得て、それが確定すれば強制的に離婚が成立します。

協議離婚ができなければ調停を申し立て、調停離婚ができなければ審判、

裁判へと進めていくということです。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL