離婚を考えている方にアドバイス

15,000人の離婚問題解決法

今、離婚を考えていらっしゃるとしたら、その気持ちはすでに弁護士など法的な機関に相談する段階なのか、

それとも感情的に離婚を考えているという段階なのかということによってアドバイスが変わります。

 

離婚をしたいという気持ちというのはそんなに簡単なものではなく複雑な問題が絡んでいるのが普通です。

その複雑に絡んでいるものを整理してすっきりとまとめて処理をしてくれるのが弁護士の仕事になります。

ですから、弁護士に行くのであれば離婚はほぼ後戻りできないものと思ったほうが良いかもしれません。

 

弁護士というのはもちろんビジネスでもありますから、

お金が絡んでお金が入ってくるのであればどんどん喜んで処理をしてくれるでしょう。

ですから、まだ迷っている段階だったり、アドバイスが欲しいなという段階であれば

もう一歩引いた立場でアドバイスをしてくれる機関に相談するのが良いと思います。

最近は夫婦でできるカウンセリングというものもありますし、それによって離婚をせずに済む場合もあります。

 

私の知人で離婚を真剣に考えたカップルのケースでは、

一組はこのカウンセリングで離婚を回避することができました。

ですから、あまり焦って一度築いた絆を解消せずに

やはり一度結婚という社会的責任を負ったのですから

離婚にも責任があると考えて是非真剣に取り組んでいただきたいと思います。

 

特にお子さんがいらっしゃる場合は離婚をすることによって

家族内に与える影響というのは大変大きな問題です。

自分の家族単位だけでなく両親や兄弟の家族にも影響が起きてくることがあります。

 

離婚危機に直面した子供達というのは精神的にもとても不安定になります。

そこで両親がなんとかして口論をしたとしても危機を切り抜けたり、

家族を大切に思う気持ちにまっすぐに向き合って問題解決に取り組んだ姿というものは

子どもにはたとえ一定の期間悪い状態が続いたとしても、

後になって人間関係の理解力のための成長に役立つこともあります。

 

私の知人のもう一つのケースは、とても長い間別居の関係が続いています。

母親のほうが離婚をすると言ってもう10年近く別居状態のままなのでお子さんは不安定なままです。

髪の毛が抜けたり、学校で問題を起こしたり、

ゲーム中毒になったり、嘘を平気でついたりするようになっています。

 

自分たちの離婚問題で子どもを苦しめるのは間違っていると思います。

人間関係というものは特に夫婦の関係というのは毎日の暮らしの中での絆です。

毎日顔を突き合わしていればもちろん意見の食い違いや喧嘩もあるでしょうし、

また接点が少ないすれ違いの生活が続いても上手くいかなくなることもあるでしょう。

でもその二人の上手くいかなくなった関係のために子どもに負担をかけるのはやはり間違いです。

人生の責任という意味でも、離婚には真剣に取り組んでいただきたいと思います。

 

私はこのカウンセリングで離婚を回避して一生懸命家族を支えて生きている知人を尊敬しています。

色々な問題があっても伴侶を支えて生きていくと決めた人の潔さはとても美しく感じます。

どうにもならない問題ももちろんあり、離婚を避けられない場合もあるかもしれません。

でもそれは最後の決断とぐらいに考えて、さっさと離婚してしまおうと思う前に

どうしてこの伴侶と共になったのかを考えていただきたいと思います



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL