専業主婦から自立するきっかけとなった離婚

15,000人の離婚問題解決法

私は24歳の時に結婚し、30歳で離婚しました。

結婚前は正社員として働いていましたが、特別仕事に対して自信も熱意も無く

その時紹介された男性と結婚すれば専業主婦として楽な暮らしができる

と言う理由から結婚しました。

 

社会に対して希望も持っていなかったので、専業主婦がとても居心地の良いものでした。

夫の身内とも仲良く、それなりに主婦業をやりこなしていました。

 

結婚して5年たつ頃に夫が身内の自営業の仕事から一般企業へ転職した辺りから

態度が冷たくなりましたが、まさかその職場に浮気相手がいたという事に全く気づかず、

あまりの会話の無さに耐え兼ねて話を切り出した時に

初めて浮気相手と一緒になりたいと言われ体中の力が抜けていくのを感じました。

 

話合う中で、何故離婚したくないのかと聞かれ勿論夫の事は好きでしたが

「今の生活を捨てたくない」と言った事を覚えています。

今になって考えてみると子供も作らず、未来設計も無く

ただ日々自分だけの世界の中で暮らしていたように思います。

 

実際結婚生活の中でパートで働く事も無く、社会とは全く関わらずに生活してきたので

いざ離婚となっていきなりそこへ放り出される想像がつきませんでした。

 

別居期間を置いたりもしましたが、夫が私のもとへ戻る事はありませんでした。

私は未練がありましたし二人で話し合っても泥のなすりあいになる事を見越した私の父が

冷静に夫と話し合い、浮気相手を訴える事をしない代わりに

少なからず財産として積み立てていた夫名義の保険や自家用車などを

私名義に変えてもらう事を約束しました。

 

私と夫の話し合いではここまでの事は出来なかったと思います。

これは後に私が自立して生活していく為の資金としてとても役立ちました。

 

離婚後はまず働く前に実家には戻らずアパートを借り、すぐに仕事を探し就職しました。

6年間全く仕事をしていなかったので自分でも働けそうな職場を見つけるのは大変でしたが、

とにかく必死で探しました。

何とか就職できた後はステップアップするつもりで英会話教室に通ったり、

パソコン教室に通いました。

その後転職する事も出来ました。

 

離婚後しばらくは精神的にはボロボロでしたが、思い切って決断して良かったと思います。

仕事をする自信の無かった自分が社会との繋がりの大切さを勉強でき、

何が起こっても対処出来るように常に自立心を持ち続けていきたいと思えるのは

この離婚がきっかけなので、今では感謝しています。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL