離婚後の改姓

15,000人の離婚問題解決法

離婚後でも、誰の姓を名乗るかは、自分次第です。

 

「お嫁に行く」という言葉が当たり前の感覚だった時代から見ると、

離婚して旧姓に改姓するのも当然のように思えます。

 

しかし、実際は結婚したときに姓を変更したら、

離婚後に自分の選択で婚姻前の姓(旧姓)、

婚姻中の姓(相手の姓)

のどちらでも名乗ることが可能です。

 

婚姻中の姓を名乗る場合には、離婚届を出した日から

三ヶ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出します。

 

なお、離婚後三ヶ月が経過した後でも、

やむを得ない事由があるとには家庭裁判所に氏の変更許可の申立てができます。

 

熟年離婚に踏み切った人の場合、

人生の大半を婚姻中の姓で過ごしていることが多いので、

改姓しない傾向が見られます。

 

ただし、これはあくまでも個人の問題ですから、

熟慮した上で、最終的に自分が納得のいく結論を出しましょう。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL