父親の借金で一家離散からの離婚

15,000人の離婚問題解決法

我が家は私が中学校への入学と同時に母と父が離婚しました。

弟はまだ小学生でした。

 

いろいろ積み重なるものがあり結果離婚となったのですが

大きな理由として父が知人の連帯保証人になったり

また父自身のギャンブルでの借金で自宅が担保になっていたことなどが

大きな原因だと思われます。

 

自宅はまだ新築でローンもまだ払い始めたばかりというときでしたが

あっというまに売れてしまいました。

 

そこで母と弟私で離婚後はアパートに住むことになりました。

アパートを借りるまでにも資金に苦労しました。

なんせ父が二人の奨学金すべてに手を付けていたからです。

 

また生活も母子家庭のため大変でした。

高校に進学してから高校一年からバイトをして月4~5万になるため

その半分を家計に入れていました。

そのぐらいの金額を入れれば高校の学費ぐらい余裕だろうと思うのですが

なぜか学費の支払いは遅れていました。

(当時母の仕事はスーパーの販売員でした)

 

一番悲しかったのは当時みんながおしゃれで体操着の丈を短くカットするのですが

自分も加工をしてみたところ短くなりすぎて

母親に再購入を頼みましたが買ってもらえませんでした。

短いまま過ごした数年はとてもみじめでした。

 

また進学校だったので他の参考書をかって勉強したいときも自腹で参考書をかっていました。

やはり離婚してしまうとあまり収入がよくない底辺の仕事についていた家計からは

学習などにかけるお金を捻出するのはかなり難しいのかなと思います。

 

日々生活も大変でした。

しょっちゅうがガスや水が止まります。

弟の彼女が遊びに来ていたある日我が家の水は止まっていました。

とても恥ずかしい思いをしたといって母はあわてて払ってきていました。

なさけなく思いました。

 

そんな貧乏な学生時代を過ごした私は当時同級生とは違う自分の毎日のせいで

気持ちが歪んでいました。

人生を斜にかまえてみるような若者でした。

 

一方母は勉強もろくにできない馬鹿弟には部活強豪校にいれて部活をエンジョイさせたり

部費や部活にかかるスポーツ用品代をどこからか出していました。

 

離婚して母子家庭になるのはしょうがないですが

そんな家庭内にも兄弟間で格差がおきてしまうことがあります。

それは本当によくないことだと思います。

 

また我が家のように金銭的に稼ぐことが難しい仕事しかつけない母親は離婚するべきではない

(主人の暴力など緊急的に離婚しないといけない場合を除いて)

と私は思っています。

 

しかし母親にも父親に裏切られたという思いや意地があったので

離婚を回避するのはむずかしかったでしょう。

進むのも地獄とどまるのも地獄という状態だったと思います。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL