私が経験した、結婚してから離婚、そして現在の幸せまでを聞いてください

15,000人の離婚問題解決法

私は、17歳から付き合っていた二つ年上の彼氏がいました。

まだ若かった私には、知らないことがたくさんあり、二人でいろいろ経験しました。

旅行にも行ったし、彼の友人と会ったり、食事したり。

 

仲は悪くありませんでしたが腐れ縁。

しかたないと、私は我慢ばっかりしていました。

でも、優しいところもいっぱいありました。

その反面、突然予定変更して、用意した食事が無駄になったり、予定が狂ったり。

友達とよく遊ぶので、家に居なかったり

オンラインゲームで話してるので、私は喋れなかったり。

夜中に大声で長電話したり、電気を赤々とつけたまま寝たりと、

親しき中に礼儀のない一面もありました。

 

人を馬鹿にしたような喋り方をしたりもしましたが、

付き合い長いし、周りもみんな知ってるし、

私が居ないとダメなんだ、いつか結婚するんだろうなと、

とにかく情が入ってしまっていました。

今思うと若気の至りです。

 

ある日、生理が遅れていることに気付き、検査薬を試したところ、妊娠が発覚。

私の中に命が…すごく嬉しかったです。

私は彼に報告し、結婚することになりました。

 

私は憧れていました。

結婚指輪に。

結婚式を挙げないのなら、せめて結婚指輪をと相談すると

彼は、「赤ちゃんが生まれたら何かと入用だから」と、買ってくれませんでした。

私もそれは仕方ないと感じ、日々はそのまま過ぎていきました。

 

この時私は21歳で、つわりが辛く、勤めていた派遣先を辞めさせていただきました。

もちろん彼にも、働けるようになったらまた頑張るから、ごめんねと伝えました。

 

しかし彼は、私が仕事に行かなくなって、一馬力になり、

ごはんも匂いが辛くて味付が安定しなかったりした事で

「仕事より、ちょっと気持ち悪いのくらい耐える方が楽」とか

「安定期に入ったら、レンコン畑手伝いに行きなよ」

なんて言い出したものですから、妊婦に言う言葉じゃないとイライラしていました。

 

初めての妊娠で分からないことばかりでした。

健診の時、「お腹がキューっとなるようなら言ってね」と言われ

「え、たまになります」と言うとスルーされたので、重要でないと感じ、

元気だなーと放置していました。

 

しかし、次の半年健診の時、子宮口が開いてきてると、緊急入院になったのです。

私は強く言えない性格のため、「先生スルーしたじゃん」とは言えず、

お腹が張っていた事は黙っていました。

 

何日か入院した後、結局その子は死産してしまい、大きなショックを受けた私は、

ふとした瞬間に泣いてしまう様になりました。

 

退院した日なんかは、泣くのを我慢して励ましてくれたりと、根は優しい彼でしたが

ある日、「死産した人なんかいっぱい居るから引きずるな」と言われました。

妊婦に真冬にレンコン洗いさせようとしたことや、付き合って初めての誕生日をスルーし、

「金ないから誕生日は諦めてもらったw」とかSNSに書いてたりとか

とにかくいろいろ思い出して、愛情が無くなりました。

 

そして私は出ていく覚悟をし、正社員を探し、お金が少したまった頃、

黙って引っ越し、離婚届を持って行きました。

 

相手の母には、こんなことをされたので別れます。

という内容の手紙を送りました。

 

書いておくから、夜勤でいない間に取りに来てと言われたので、

夜勤の日に向かうと、書いてなんかいませんでした。
しかも、不受理届だしたから。

なんてわけのわからない事まで言い出しました。

 

不受理届はほんとに出されてますかと役所に問い合わせるも、答えてくれませんでした。

私はどうしようもないと感じたので、家庭裁判所に向かいました。

出頭の申し立てをしましたが来てもらえず、

相手の母に連絡すると、勝手に書いて出してくれていいからとの返答がありました。

私は、知り合いにサインを頼み、とりあえず出してみることにしました。

 

なんと彼は、不受理届なんて出していなかったのです。ハッタリだったのです。

裁判所の方は、もしかすると、不受理届が出ていないことを知っていたのかもしれません。

なぜなら、出してみたら通るかもしれないと言ったのは、裁判官だからです。

離婚を考えている方は、一度家庭裁判所に行ってみるのも手かもしれません。

やはり向こうはプロですから。

 

3年間続けてきた結婚生活が、やっと終わりました。

腐れ縁だった彼との約10年間が終わりました。

 

そして最後に

私は去年再婚し、先日結婚一周年のお祝いを行いました。

なんと、素敵なご縁があり、とても大切にしてくださる方と出逢えたのです。

周りの方からも、ほんとにいい旦那だね。と言っていただけるいい旦那様です。

料理も、家事も、人との付き合い方も初めの結婚当初とは違ってたくさん身についているので、

あれは、この人に出逢うための試練だったんだと、最近思っています。

 

私は前回の妊娠のトラウマから、子供は欲しくないと思ってしまい、作るつもりはありません。

主人も子供は要らないと言っているので、我が家は子宝に恵まれることはないでしょう。

 

でも、話も合い、いつも楽しく幸せで、悲しいときは一緒に泣いてくれて、

来世もこの人と一緒にいたいと思える人に出逢えたので、他にはもう望みません。

願わくば、この人とずっと仲良く居られればそれでいい。

 

周りの男性を見ても、こんな旦那さんだったら良いな、

なんてうらやましく思ったりもしなくなりました。

 

私は今、離婚したいと苦しんでおられる方々に、声を大にして言いたいです。

この人と添い遂げるのかとあきらめて、

隣の芝生が青く青く見えていた私が、行動を起こしたことで掴んだ幸せ。

一度きりの自分の人生ですから、もう一度人生プランを見直してみてください。

 

今の私の左薬指には、愛する旦那様が買ってくれた、結婚指輪がキラリと光っています。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL