離婚したいときの奥の手

15,000人の離婚問題解決法

離婚をしたいと考えている場合に、

なかなか離婚が成就しないといったケースがあります。

離婚は夫婦ふたりが同意して

はじめて成立する法的手続きですから、

二人が同意しない限りはスムーズに事をはこぶことは難しいのです。

 

そのため、離婚をしたいと夫婦ふたりが考えている場合は問題ないのですが、

大変なのは一方のみが離婚したいと考えているケースなのです。

そのようなケースの場合は、専門家の力を借りる必要があります。

それが奥の手となり、離婚を希望しない一方の配偶者を説得する材料となります。

 

では、どのような専門家に離婚について相談をするのが妥当なのでしょうか。

まず、離婚をしたいと考えはじめた段階では

自治体が主催している法的な相談会で相談をしてみてください。

そのような相談会がおこなわれている日時は、

地元自治体のインターネットサイトなどで確認することができます。

 

また、自治体のみならず民間でも

そのような相談会を行っていることがあるのでチェックしてください。

そして、その相談会で相談担当者の名刺をもらってきてください。

その名刺には担当者の肩書きが書いてあります。

離婚カウンセラーの場合もあるでしょうし、弁護士の場合もあります。

 

そして、なにげなく自宅のテーブルのうえに置いておくのです。

それを発見した一方の配偶者はとても動揺し、

自分の行動を振り返るはずです。

そうなれば、自然と夫婦お互いで

離婚についての話をすることができるようになります。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL