離婚に向けて

15,000人の離婚問題解決法

離婚をするには、まず、何よりも準備が大切だと思います。

何も準備もせず、情報のないまま、相手と戦うのは無謀です。

弁護士などの味方と、離婚体験者などの情報を手にして、

万全の体制で離婚してするのが、得策です。

 

子供がいる場合には、離婚後に養育費があります。

離婚しても、夫には養育の義務があるので、養育費を払わなければなりません。

 

現実には、支払っている人の方が少ないという状況です。

きちんと調停離婚や裁判離婚などで、養育費の取り決めをして、

もし支払われない場合には、強制執行など行えるよう準備しましょう。

離婚成立するまで、別居している時には、婚姻費用を請求する事も出来ます。

 

お互いの話し合いのみで合意出来る場合は問題ないですが、

調停離婚や裁判離婚の場合には、離婚する理由、原因が必要となります。

浮気であれば、浮気の証拠が必要です。

浮気の証拠としては、ラブホテルの領収書、浮気相手とのメール、写真などがあります。

DVを受けていた場合、メール、暴言など録音した物、

ケガがあれば病院へ行き診断書が必要になります。

 

離婚後に必要となる物として、夫名義の不動産、夫の勤務先情報や、

夫の通帳のコピーなどあると安心です。

養育費の支払いが滞った場合に、夫の口座や勤務先の情報が分かれば、

強制執行と言う手続きが出来ます。

強制執行を行うためには、夫の口座や、夫名義の不動産などが分かっていないと出来ないので、

同居している時にコピーなど取っておくと良いです。

 

離婚したいと決めてすぐに家を出てしまうと、これらの情報を手にする事が出来ません。

一刻も早く別れたい気持ちは分かりますが、離婚するには必要な物です。

 

 

私も子持ちで離婚した1人です。

数年前ですが、弁護士を付けて、裁判離婚しました。

弁護士に相談したのですが、その時には、すでに別居していたので、

離婚に必要な情報が得られませんでした。

きちんと調べてそれから離婚したいという事を言い出せば良かったと、何度も後悔しました。

養育費、慰謝料の支払いを裁判所から言い渡されましたが、その後連絡もなく、

一回も支払いがありません。

 

元夫は離婚と同時に仕事を変えたようで、勤務先も分かりません。

しかも、仕事をコロコロ変えているようです。

通帳のコピーはありましたが、全ての口座を解約したようです。

弁護士にも相談していますが、今のところ手がないようです。

 

私のように、離婚後、困らないようきちんと準備されるのがいいと思います。

離婚は、大変ですが、きっと乗り越えられます。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL