お互いの人生をお互いがダメにしてしまった結婚生活

15,000人の離婚問題解決法

私は、初めに25歳で結婚しました。

その相手は、20歳の時にバンドで知り合いました。

私はエレキギターで、彼女はドラムでした。

初めはバンドメンバーという感じでした。

バンドの練習はいつも私が迎えにいいってました。

バンド活動の中でお互いが好きになってきました。

共通の趣味という事で、お互いの距離は狭くなっていきました。

 

その当時、私は別れたばかりで、心が病んでいました。

その内にバンドの練習以外でも遊様になり、彼女から「付き合ってほしい」と言われました。

私もその頃は、好きになっていましたので、付き合う事になりました。

 

それから、週に1度合うという日々が続きました。

その当時、25歳までに結婚していないとお局様と言われる時代でした。

彼女もその理由で、焦っていました。

知らない間に結婚の準備を始めていました。

 

その当時の私は、今思えば凄く流されていたと思います。

それから、結婚し、新婚旅行に1周間いきましたが、初夜は無く終わってしまった。

彼女はその時は、生理だったので無理だと話していました。

それから、結婚生活が始まったのですが、彼女は凶変しました。

ちょっとした事で怒りだしたり、無視されたりしました。

この頃から、凄く結婚生活が不安になりました。

 

その思いは的中しました。

まずは、セックスレスです。

これは、私に取ってものすごく大事な事でした。

子供がほしいという思いがおおきかったからです。

セックスレスでは、子供は出来ない。

その当時もいつかは変わると思い、信じるしかありませんでした。

 

思いとは逆にドンドン酷くなってきました。

完全に尻に惹かれている状態が出来上がりました。

その当時、私は三交代の仕事をしていました。

深夜番や昼に寝るのですが、彼女は全く意識する事無く、毎日が寝不足でした。

ここで、私は結婚生活を半分諦め、過ぎていく日々を何も考えず、過ごしていました。

 

五年位が立ち、私は子供がほしい事を彼女に伝えました。

もう、離婚を覚悟していましたが、彼女に「あなたとの子供は考えならない」と言われました。

彼女の中では、どうもルームメイト的な感覚だったと思います。

 

私は、離婚しました。

離婚に対してのトラブルは無く、スムーズに済みました。

その当時、私は転職しシステム開発の仕事に転職してました。

私は、もう結婚は嫌だと思い、仕事にぼっとうし、一年が過ぎました。

 

ある日、彼女から「やり直したい」というメールが来ました。

私は、今、私が思っている要望を全て伝えなした。

彼女はOKというで、復縁する事にしました。

それから、仕事が忙しくなり、帰りが遅くなってきました。

彼女はそれに慣れてしまい、たまに早く変えると、「もう帰ってきたの!!」とイライラした感じで言われました。

もちろん、前回の結婚生活と同じ状態になってきました。

 

私は、家庭を忘れて仕事に没頭しました。独立する夢があったからです。

その当時、隣の家族と仲良くしていたのですが、その娘さんが私の事が大好きでいつも遊んでいました。

ある日、彼女から「離婚したい。」と言われました。

理由を聞くと、「私があなたの人生をめちゃくちゃにした。」といっていました。

どうも、となりの子と楽しく遊んでいる姿を見て、私のせいで、めちゃくちゃにしてしまったと思った様です。

私も、凄くバカバカしくなってきて、離婚OKで彼女の引越を見送ってから、実家に戻りました。

彼女の言った通り、人生めちゃくちゃにされた気持ちになり、悔しくてひたすら仕事に没頭しました。

 

それから四年後に今の、妻に出会いました。

彼女は私が離婚経験者である事を理解してくれた上で、結婚してくれました。

妻の両親もものすごく賛成してくれて、私はやっと私の本当の人生が始まると思いました。

それから、システム関係の仕事ではまた家庭崩壊してしまう可能性があるので、

今はハード系リサイクルショップで働いています。

家に帰るのが、早いので夫婦の時間がもてて、苦労した分、本当に幸せだと思っています。

今度は、本当に一生一緒に生きていきたいと思っています。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL