両親が離婚しようとしています

15,000人の離婚問題解決法

離婚に向けて話し合い中の夫婦の娘です。

 

離婚の話が持ち上がったのは、今から8年前です。

父に愛人がいることが発覚したことがきっかけです。

父は「愛人と再婚したい、そのために離婚してくれ」と母に頼みました。

 

母は、経済的な理由や娘(私)がまだ中学生であることから、これを断りました。

父も「いずれ離婚したいが、まだそのときではない」と納得してくれました。

(もっとも、愛人との関係は続けていました。)

 

その後、父は逃げるように単身赴任し、家には母と私が残されました。

連絡を取り合うことはほとんどなく、事実上の絶縁状態が続きました。

あれほど離婚したいと言っていた父でしたが、

別居した途端にそうしたことを言わなくなりました。

むしろ母の方が、早く縁を切りたがるようになりました。

 

このような保留状態がしばらく続きましたが、今、事態が動こうとしています。

 

私が大学を卒業し、就職するので、本格的に離婚に向けて話し合いを進めようとしているところです。

現在争点となっているのは、慰謝料の額とその調達方法です。

慰謝料の額については、父は700万円、母は800万円プラス年金分割を主張しています。

 

また、慰謝料の出処について、父は、自分の力だけで解決しようとしています。

一方、母は、愛人からもお金を受け取りたいと考えています。

この2点について結論が出れば、すぐにでも離婚に踏み切るようです。

経済的な理由から、裁判や離婚調停には持ち込まない方針です。

 

私としては、基本的には母の肩を持ちます。

父の浮気が発覚したあとも、母は父のお弁当を作り、

スーツにアイロンをかけていました。

あんなに献身的な妻を捨てようとする男の気持ちがわかりません。

母が納得できる条件で離婚が成立するよう、サポートしていきたいと考えています。

 

とはいえ、まだ離婚してほしくないというのが正直なところです。

現在、父は収入の全てを母に渡しています。

母はそのうち毎月決まった額を父に渡し、残りの額で生活しています。

 

母は裕福ではありませんが、それなりの暮らしをしています。

離婚してしまうと、父の稼ぎが母の元に振り込まれなくなります。

母の生活は、離婚前より格段に悪くなるでしょう。

私は、母に経済的に不自由な思いをしてほしくないのです。

 

また、自分に母を養えるかどうか、自信がないのです。

そうは言っても、最終的には両親2人の問題です。

ゆっくり話し合って、双方が納得できる結論を出してほしいと思います。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL