熟年離婚を考えているかたへ

15,000人の離婚問題解決法

熟年離婚とは「結婚生活が20年以上継続」した夫婦の離婚です。

私は結婚生活25年、銀婚式にあたる節目の年に離婚をしました。

もちろん色々な不安や葛藤がありましたが、決意に向けて後押しをした理由の一つは

2007年から始まった「年金分割制度」です。

 

夫婦生活の事実が25年あれば将来 妻が年金を受け取る時に夫の年金から分割していただける制度です。

主婦も長い間、家事に子育て両親の介護等を必死にこなし家庭を支えてきたのですから

これは当然の権利です。

 

そしてもう一つは、24歳になり就職が決まり都内で一人暮らしを始めた息子の言葉です。

「いいと思うよ」

息子は長い間、私達の夫婦関係を一番近くで見ていたので止める理由が無かったのでしょう。

 

そして実はもう一つ・・・

それは昨年夫が定年退職をしたことです。

と言う事は、、、そうです退職金が入ったのです。

中小企業ですからそれほどでもありませんが、それでも一般家庭では

貯めることが出来ない位の額を頂きました。

夫の退職金も財産分与に入りますから専業主婦でも当然離婚の際には半分頂けるのです。

世の中の熟年女性達はすでにこのあたりをきちんと心得ていらっしゃることでしょう。

 

さあ、あとは行動です。

熟年離婚について調べましょう。自分が有利になるように下調べと勉強は必要です。

ネットで検索すればたくさんの記事が出てきます。

図書館へ行けば関連書籍が必ずあります。

区市町村の役所には相談窓口があります。

 

今まで20年以上もの間、男尊女卑・亭主関白な夫の顔色を伺いながらの生活、

自分の愚痴も聞いてもらえず、ありがとうもごめんも言えないおじさんとはもうお別れです。

 

ただこういった亭主は話し合いでの解決は無理です。

浮気の証拠や暴力を受けた証拠などがあるなら話は早いですが、

特別悪さをしていない亭主はいったい自分のどこが 何がダメだったのか何一つ理解していません。

「これから治すから勘弁してくれ」と泣きついてきても信じてはいけません。

50~60歳を過ぎた人間がそうそう変わるとは思えません。

 

ですから代理人すなわち弁護士を頼むのが賢明です。

財産分与・年金分割など複雑な要件もきちんと間に入って

奥さんに有利になるように働いてくれます。

もちろんお金はかかりますが、財産・退職金の半分は確実に手に入るのですから決して損ではありません。

私がお願いした際には着手金30万円と解決時に30万、合計で60万円でした(消費税は別途かかります)。

 

どうしても用意できない場合は「法テラス」に相談してください。

「法律専門家に依頼したいけど、経済的に余裕がない」

といった方の相談を無料で受け付けています。

各都道府県にありますし、電話相談もできます。

 

いかがでしょうか。

決して熟年離婚を推奨しているわけではありません。

私は子供が独立してから「この先この人と2人でずっと一緒にいる」

と言う事が本当に心から無理だと思いました。

その理由は私自身にしか分かり得ないことです。

 

25年間様々なことがありました。

もちろん良い時もありました。

ですから定年まで働いてくれた夫、

そして私からの離婚を受け入れてくれた夫に対し心から感謝しています。

その思いを忘れずこれから残りの人生、自分らしく生きて行きたいと思っています。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL