私が離婚した訳と葛藤

15,000人の離婚問題解決法

離婚の理由は、ズバリ旦那からのDVです。

結婚20年目で別れました。

 

始めは「私が悪い、私が性格を直さなくてはいけない」

という概念が頭から離れず、一所懸命頑張りました。

主人は酒癖が悪く、お酒を飲むとおかしくなるんです。

暴力もですが、暴言、暴れて家の物を壊す、訳の分からない奇声を発する等でした。

 

それでも、誰にも、親にも言わず耐えてきましたが、

ある年の正月にちょっとした事から口論になり、

お酒も入っていた主人は何時もの様に暴れだし、私に暴力を振るいました。

 

その時は何時もより激しい暴力で、私は、耳の鼓膜が破れ、

左膝のじん帯がおかしくなってしましました。

その時の後遺症は今でも残っています。

 

それまで、自分が悪い、性格を直さなければと思っていましたが、

私の中に変化があり、女性相談所に電話を掛けてみました。

そこで相談員さんと話ているうち涙が止まらなくなりました。

その時に、全部自分のせいじゃなかったんだと初めて知りました。

それから、自分の身を守る為に離婚しようと思ったのです。

 

離婚を決意したものの、いったい何から手を付けたら良いのか全く分かりませんでした。

一番頭を悩ませたのがお金の問題です。

どのくらいあったら新しい生活を始められるのだろう?

これがネックになっていました。

 

そして、主人にどうやって切り出すか、これも頭を悩ませなした。

言えばまた、暴れるんじゃないか、

その恐怖で言えないまま時間は過ぎていきます。

 

一人ではどうにもならないので、親に話す事を気めました。

親は驚いていましたが、私の仕事と、お金が工面出来るまで実家に置いて欲しいと頼みました。

親は、受け入れてくれました。

これでお金の面は何とかなりました。

後は主人に切り出すだけとなりました。

 

思い切って主人に離婚を切り出すと、案の定暴れました。

お酒を飲んで薬まで飲んでおぼつかない足で、階段を登ったり下りたり、

階段から落ちてはいけないと後ろから支えました。

こういうのを、修羅場と言うのでしょうか?

酒と薬で暴れるだけ暴れて主人は眠ってしまいました。

 

今思えば、親を間に入れて話すべきだったんだと思います。

誰かいた方が良かったと思います。

 

それから、毎晩の様に主人からぐずぐずと夜中の2時まで言われて、私は心身共にくたくたでした。

それから、どのくらいの時間が経ったのか覚えていませんが、

少しづつ離婚する事に同意する態度を見せてくれる様になり、

やっと離婚を受け入れてくれる様になりました。

 

主人と離婚して、暫くして再婚する事になりました。

今は暴力から開放されて普通の生活をしています。

今、私と同じ思いをしている方達、勇気をだして欲しいです。

私と同じ様な方をもう作りたくないです。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL