親の離婚

15,000人の離婚問題解決法

私が高校2年生、弟が中学3年生のある日。

母が突然荷物をまとめるように指示をしました。

 

もともと両親は不仲でした。

父は、家にお金を入れず他に女を作り、時折暴力を奮うような人でした。

母は父の母、私にとっての祖母とも折り合いが合わず、

祖母もいい加減な父に甘かったですし私も家に嫌気が差していました。

 

荷物をまとめて家を出た日。

父が私が大学に行く為に貯めていたお金を勝手に使いきった日でした。

突然の事で訳も分からず、制服などとりあえず要る物を持って、

母の実家へ逃げ込みました。

 

車で20分程度の距離でしたが、誰も離さず時間がたつのがとても遅く感じました。

それから私は高校を卒業して家を出ました。

それまでの間、母と弟と母の両親と暮らして、母にも充分に非があると感じることばかりでした。

 

私は反抗期が加速して母にも暴言を吐く事ばかりでした。

父に街で逢っても逃げるようにしていたし、家にも帰りたくなくて本当に居場所がなく辛かったです。

 

高校を卒業すると同時に家を出ました。

このときに携帯電話の請求書は自分に来るように設定していたのですが、

間違って父の元へ送られてしまい私の連絡先が父に知られてしまいました。

 

そこで分かったのですが弟はまだ父と連絡を取っていたのです。

母は、父の話が出るとヒステリックになっていました。

なので弟も誰にも言えなかったのかもしれません。

 

家を出た私に父は、心配している内容のメールや激励のメールを

時折送ってくれていましたがいまさら話す事なんてないし、ずっと無視していました。

 

社会人になり、弟も20歳になったとき母に呼び出されて、私も実家に帰っていました。

すると母は「離婚したから」とまさかの事後報告。

これには思わず笑ってしまいました。

 

私たちは社会に出ていますし今から苗字が変わるなどの手続きは大変です。

母も大変だっただろうけど母のエネルギーは凄い。

あなた達は自分で決めて良いからね。と言われましたが母に引き取られた手前、

母の苗字にすべきだと私は思っていました。

 

しかし弟はどうしても苗字を変えたくないと言い張ったのです。

兄弟で苗字が違うのはお互い結婚もしていない状況で変だという事で弟の意見を尊重しました。

その後弟に説得されて父の還暦のお祝いは私たちだけでしました。

数年ぶりにあった父は、とても私に手をあげた人とは思えないほど老け込んでいました。

ショックだけど仕方ない。そう思ってしまう自分もいました。

 

それ以来、父には逢っていません。

連絡も弟としかとっていません。

やはりどういった顔を見せれば良いのか分からないからです。

子供が小さいから離婚をためらっている人もいますが、

私は小さい内に離婚した方が良いと思います。

父の嫌な記憶ばかり残っていたほうがとても辛いからです。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL