趣味にお金をつぎ込む夫

15,000人の離婚問題解決法

私は34歳の女性です。4歳になる息子がいます。

私が元夫と別れたのは、2年前。

息子が2歳になったころのことでした。

 

私と元夫は、大学時代の同級生でした。

大学時代はただの友達だったのですが、

卒業してから5年くらい経った頃に同窓会で再会し、

そこから付き合い始めて2年くらいで結婚しました。

 

元夫は、私とは異なる価値観を持った人でした。

それが私にとってはすごく刺激的で、魅力的でした。

けれども、それが離婚の原因だったのだと、今となっては思います。

 

結婚してから数年は、まだ子どももできず、共働きで楽しくやっていました。

そのころは、自他共に認める仲良し夫婦だったと思います。

けれども、私が妊娠をしてから状況が変わってきました。

 

私の仕事は、妊娠しながら続けるのが難しい仕事だったので、

妊娠が分かった時点で退職を余儀なくされました。

そうなると当然私も生まれてくる赤ちゃんも、夫の稼ぎで暮らすことになるのですが、

彼にとってそうなることは予想外だったようです。

 

家族のために、自分の趣味も時間も犠牲になることは耐えられないと、いつも言っていました。

 

そんな彼も、いざ子どもが生まれたら変わってくれるだろうと、私は信じていました。

けれど、赤ちゃんが生まれてきても、全く変わることは無かったのです。

赤ちゃんは放ったらかしで、毎週末は自分の趣味に没頭する日々。

ちなみに彼の趣味はサバイバルゲームでした。

 

子どもの将来のために貯金をしようという感覚など全く無く、

必要最低限の生活費は渡してくれましたが、残りのお給料やボーナスは、

サバイバルゲームの武器やら戦闘服やらにつぎこんでしまっていました。

 

何度話し合っても無駄なので、このままでは子どもを守れないと判断した私は、

必死で職探しをしました。

ようやく就職先を見つけ、必死の思いで預かってくれる保育園も見つけ、

まだ幼い息子を保育園に預けて働き始めました。

 

私が働くことに、夫は大賛成でした。

それはそうです。

今まで渡していた生活費まで、趣味につぎ込めるようになるのですから。

 

そうやって、自分で仕事を見つけて働きだしてみて、

家庭を顧みない夫をよそに、育児と仕事に髪を振り乱しながら2年が経ちました。

 

そして、本当に突然、自分でも何がきっかけだったのかはわからないのだけれども、

ある日ふと思いました。

この夫と、一生を共にする価値がどこにあるのだろうか、と。

 

息子のことは、私が働いてきっと立派に育ててみせる。

このまま、自分勝手な父親の姿を見せながら育てるより、

シングルマザーになって一人で一生懸命育てた方がましだと。

 

そう思うようになってからは、話は早かったです。

まず、実家の両親にようやく状況を話すと、両親も激怒。

元夫の両親も交えて、みんなで協議をしました。

 

元夫にとって、離婚は寝耳に水だったようです。

ようやく焦っていました。

 

元夫の両親も、離婚には反対で、息子にチャンスをやるようにと説得してきましたが、

私はもうやり直す気はさらさらありませんでした。

結局、私の決心に向こうも折れ、慰謝料は無し、二人の貯金は折半ということでカタがつきました。

 

息子は、元夫と触れ合う機会があまりなかったのでさっぱりとしたもので、

さみしがることもありませんでした。

今となってみれば、もっと早くこの決断をすればよかったと思っています。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL