身勝手な離婚

15,000人の離婚問題解決法

結婚したのは20代半ばでした。

すでに周りの友達の結婚ラッシュが落ち着き、さらに親友の妊娠に焦った私は

必死に結婚相手を探そうとコンパに参加しました。

 

その中の一人の方に気に入られたようで聞かれるがままに連絡先を交換し、

誘われるがままにデートをし、交際を始めました。

 

交際二日目にはプロポーズ。

半年間、毎日一時間の道のりを会いに来てはプロポーズが続き、情にほだされ結婚を決めました。

 

しかし、いざ結婚してしまうと相手は釣った魚にエサはやらないとばかりにマメさも情熱もなくなりました。

私の方が収入が多い、家事を全く手伝わない、元々好きで結婚していない、

などの理由で結婚たった一年で離婚を申し出ました。

まだ20代だし、子供もいないし、収入あるし、やり直したいと言う身勝手な考えでした。

 

もちろん相手は納得しませんでした。

私はすでに顔も見たくないと思い始めていたので、まずは家庭内別居をしました。

それでも、同じ家に住んでいるわけなので相手の生活音や雰囲気は伝わってきます。

 

親に離婚の意思を伝えたものの、あまりに身勝手な理由、絶対に認めない、離婚はダメだと言われました。

それでも我慢できず、まず、家を出ることにしました。

それからは休みの度に実家に帰り涙ながらに離婚したいと訴え続けました。

どうやら、結婚相手も私にではなく私の親に離婚したくないと毎週説得に来ていたようです。

その頃には普段の生活をしていても、車の運転中に相手の車をよく見かけたり、

見知らぬ番号からの着信があったり。

ストーカーされているような気がしてきたのです。

 

親からも相手は絶対に離婚しないと言っていると聞かされていました。

このまま一生離婚できないかもと精神的に追い込まれて行き半年で6キロ痩せました。

 

最終的には親に「親子の縁を切ってもいいから離婚させてくれ」と涙で訴えました。

さすがに親も自分の娘がワガママを言っているのは分かっているが

泣いて暮らしているのは親として辛いと言いながら離婚を許してくれました。

相手にも親から説得してもらい半年かかりようやく離婚の承諾を得ることが出来ました。

 

結婚していた時に住んでいた家は私が勤めていた病院の院長からタダで借りていた家だったので、

まずは相手が荷物をまとめて出て行ってもらうのを待ち、その後で私の荷物もまとめて出て行きました。

離婚届も送られてきたので私が役所に提出しました。

貯金は折半、慰謝料はなし。

 

その後、一切の連絡を取っていませんが、共通の友達から相手が

「俺が別れたがってるのに家から出て行ってくれなくて困ってる。離婚したい。」

と言っていると聞き、離婚して良かったと思いました。

 

私が結婚を承諾したのが一番の原因なのは分かってたんですけどね。

あの頃は結婚がしたくてしたくて仕方なかったのです。

次こそは好きな人と結婚しようと心に固く誓いました。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

身勝手な離婚 への1件のコメント

  1. アンチ常識

    正直言って、身勝手で自分勝手だなという印象を受けました。
    確かにお相手の方にも問題はありそうですが…

    あなたの一方的に被害者ぶってる文を見る限り、あなたの目の前に理想とする方は現れないし、現れてもあなたを選ばないだろうなと思いました。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL