酒乱と働かない旦那に愛想が尽きた離婚

15,000人の離婚問題解決法

二年前に私は離婚しました。

当時子供達は、小学5年生と中一の娘がいました。

娘が小学校一年生の時に、家を建てました。

その時にきちんとこれからの生活を考えておくべきでした。

 

元夫は、仕事から帰ってくると毎晩のように500ミリリットル缶のビールを最低3本そして、

焼酎を3杯から5杯飲んでしました。

最初はとても和やかに飲んでいるのですが度が過ぎていくと仕事やら色んな事の八つ当たりが始まり、

最終的には子供達が寝る時間になっても、子供に説教をし始めて

毎晩23時過ぎまで私と子供達を叱ったりウンチクを聞かされていました。

仕事のストレスが溜まっているのだからしょうがないと諦めていましたが、

あまりに長かったり物をぶつけたり外に寝転がったりすると本当に近所迷惑で

警察沙汰にも一度なった事があるので、もう私も限界が来ていました。

 

その時、私たちは夫の働く社宅に住んでいました。

家賃も安かったのでこのまま住んでいようと思っていましたが

ご近所さんが次々と家を建てて引っ越ししていき、やはり会社内の敷地に住んでいるのは

いつまでも会社に縛られているようで家を建てて気分転換したいというので、

私ももうこんな生活が楽になるのならと、娘が小学校に入る時がちょうどいい機会だと思い、

家を購入する事にしました。

 

ところが、一番欲しいといっていた主人は毎晩のように晩酌だったので

家を建築中もなかなか見に行くこともせず、私に見て来いとと命令口調、

そして何か問題があれば私がちゃんと現場を確認してないからだと言い争いの毎日でした。

 

そんな日々が続きやっと家が建てられて引っ越しの準備もすべて私がやることになりました。

主人は殆どいていません。

私の親から300万もの新築祝いとして、頭金に使いなさいと貰ってもお礼も言ってくれず

本当に恥ずかしい夫でした。

 

引っ越しして、なんとか家の雰囲気も変わるだろうと思っていましたが、

それも続かず結局家を建てて半年で夫は会社を辞めると言い出しました。

何をいってるんだろう、大黒柱の夫は家を建ててそしてまた自分の自由にしたいそして、

次の仕事も決まってもいないし宛ても無いのに私はもう主人に覚めてしまいました。

尊敬すらできませんでした。

 

仕事を辞めたらだめだというなら自殺すると脅してするので、

私は子供達を守るために会社を辞める事に同意しました。

それからというもの、失業保険を貰いながら生活し私はフルタイムのパートで働き出しました。

それでも、私が帰ってきても家事も何もしてくれておらず、

酒を飲んでいるだけで、本当にもう私は許せなかったです。

 

それから、私は6年我慢しました。

その間、3回主人は仕事を変えてましたが何も続かなかないのに全部周りが悪いと人のせいにして、

子供達の運動会や発表会も見に行く事さえしなかったです。

そして毎晩酒を飲み暴れてもう限界にきてしまったのです。

 

結局、私たちは14年間の結婚に終止符を打ちました。

やはり男としてもっと父親として自覚をもった人になってほしかったです。

私がやりすぎたり甘やかしすぎと周りには言われましたが、やらないと家庭内がうまくいかなかったので、

我慢の連続で私は精神的に体を壊してしまいました。

今でもその後遺症は拭いきれてません。

でも、離婚してよかったと思っています。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL