離婚してから感じたこと

15,000人の離婚問題解決法

私は今年、妻と離婚しました。

離婚の原因は、妻からの精神的苦痛を与えられたことです。

娘もいたので、今は養育費を払っています。

 

離婚をしてから、いくつか感じたことがあります。

ひとつは、離婚してからの気分の落ち着きです。

 

私は、妻からの精神的苦痛を与えられたことに耐えられず、憂鬱な毎日を過ごしていました。

また、私が不倫していて、彼女がいたこともあり、

そのふたつの間での生活は、辛いものがありました。

 

妻とぎくしゃくした家庭環境で疲れ、仕事に追われている日々でした。

そのストレスを彼女にぶつけてしまう自分が嫌になり、その連鎖が続きました。

 

離婚しようと決めたのは夏のはじめで、暑い日々が続きました。

その暑さにすらいらだち、そのいただちを彼女にぶつけてしまう自分が居ました。

 

精神的に不安定になり、怒ったり泣いたり、感情の起伏が激しいときもたくさんありました。

結婚以前はそんな様子でなかった妻が、突然精神的苦痛を与えるようになったことで、

自分を大切にしてくれている彼女も、今後そうなってしまうのだろうか

という不安や疑いが常に頭から離れませんでした。

 

そんな考えだった私も、離婚して彼女と一緒になることで、

落ち着いて考えることができるようになりました。

 

 

ふたつめは、結婚した自分への疑問です。

私は何を思って結婚したのか、今になってみるとよく分からなくなっていました。

20代も後半になり、身の回りでは結婚する人が多くなってきます。

これまでは遊んでいた私も落ち着くことが必要なのかと、流れで結婚を決めました。

今になって思えば、その流れに身を任せるといった気持ちが間違いだったのだと思います。

 

娘もできたこともあり、ある程度安定した生活をしていましたが、

その後段々と自分が結婚した意味を考えさせられる事が増えてきました。

 

子育てに口を出すと妻は怒りますし、かといって口を出さないと子育てに無関心だといわれます。

私は夜勤の仕事をしていたので、生活リズムもあまりあわず、

彼女なりにがんばってくれていたことは分かりますが、

私の疲れが癒えることはありませんでした。

 

 

結婚は墓場とよくいいますが、その通りだと思います。

結婚したことを悔いても何も変わりませんが、

結婚は慎重にしたほうがいいのだと、今になって後悔しています。

 

養育費はもちろん、娘のために払うものですが、負担は大きいです。

自分があまり考えずに結婚したことへの罰金だと考えています。

 

離婚を決めたときにはもう、精神的にも疲れ果てていることが多いでしょう。

また、離婚をする手続き等でも、より疲れてしまうこともあります。

しかし、それまでの環境と離れなければ、ストレスとも離れることができません。

そんなときに自分を支えてくれる人を信じられなくなるようではいけませんし、

支えてくれる人は大切にしなくてはなりません。

 

離婚したことで、私は落ち着きを取り戻せました。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL