離婚に向けて準備中ですが、なかなか進みません

15,000人の離婚問題解決法

両親が離婚を前提にした別居を始めて、8年経ちます。

両親が離婚を考え始めたのは今から8年前、私が中学2年生のときです。

 

原因は父の浮気で、相手は会社の部下でした。

父は浮気相手の女性と再婚したいと考えていました。

父も母も「離婚したい」ということで意見は一致していましたが、

慰謝料や私の養育費など、具体的な離婚の条件についてはなかなか結論が出ませんでした。

 

母は慰謝料700万円を主張していましたが、我が家にそれほどの貯蓄はありませんでした。

そうこうするうちに父が単身赴任し、離婚の話は一時中断という形になりました。

別居によって夫婦間の関わりがきわめて薄くなり、すぐに離婚する必要性がなくなったのです。

 

父の単身赴任による別居の間、父の給料は全て母の口座に振り込まれていました。

母は毎月、父が一人暮らしするのに必要最低限の額を父に送金していました。

そのため、母と私が生活に困ることはありませんでした。

私は浮気をした父を軽蔑していますが、お金に関しては感謝しています。

 

先日、私は大学を卒業し、就職しました。

そのとき母は「やっぱり離婚したい。今まではあなたの養育費が心配だったから離婚できなかったけど、

もういいよね」と言いました。

私としては、離婚すれば父の給料が母に振り込まれなくなるので、

できるだけ離婚の話は先延ばしにしてほしいなと思いました。

母の生活が苦しくなるのが嫌だったのです。

でも、私ももう社会人なので、あまり口出しする気はありません。

「いいよ。お母さんのしたいようにしなよ」と言いました。

 

母は父に、離婚したいという旨と希望する離婚の条件(慰謝料700万円、年金分割)をメールで伝えました。

しかし、現在に至るまで、父から返信はありません。

 

私と母は、父が浮気相手の女性と別れたのではないかと勘ぐっています。

父の浮気が発覚した8年前、相手の女性は33歳でした。つまり今は41歳です。

33歳から41歳までの間に、その女性はあれこれ考えたと思います。

おそらく、親から結婚をせっつかれたり、子供を産めるタイムリミットが迫るのを感じたりしたでしょう。

そんな大切な時期に、妻子持ちの男と付き合っていいものか悩んだと思います。

 

私と母は、浮気相手の女性が父との将来に不安を感じ、別れを切り出したのではと考えています。

「離婚して浮気相手の女性と再婚したい」と言っていた父が離婚を迫らなくなったのも、

浮気相手と別れたからだと考えれば納得できます。

もしこの推測が正しければ、今や離婚したいのは父ではなく母なのです。

 

父がなぜ返信をしないのかわかりませんが、離婚したいのかそうでないのか、

またその理由はきちんと把握しておきたいと思います。

近々、返信を催促するメールを送る予定です。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL